ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

ふやけパスタを茹でる

ショートパスタを茹でる時間は、けっこう長い。ペンネなどは場合によっては、12分くらい茹でないと柔らかくならないものもある。

朝の貴重な時間帯には、なるべく茹でる時間を短くしたいので、お弁当用のパスタは食べる分だけ水に浸けて前日の晩に冷蔵庫にしまっておく。

f:id:yuugataJoxaren:20191127185834j:image

 

↓翌朝、水に浸けておいたパスタを取り出すとこんな感じ。パスタのかさも増えてる。

f:id:yuugataJoxaren:20191127190112j:image

ふやけて白くなっている。一日中巻いてた絆創膏を剥がした指ぐらいふやけてる。全然美味しそうではないし、噛んでみると固い部分もまだある。次に、鍋にお湯沸かして、ふやけパスタを茹でる。茹でるとパスタの黄色みが復活する。1〜2分くらいで柔らかくなるので、そのまま火を止めて放置しておき、具材を調理する。

f:id:yuugataJoxaren:20191127190626j:image

今日はトマト系の味にする。スライス玉ねぎ、摺り下ろし人参をオリーブオイルで炒める。パセリは細かく刻んで加える。オリーブオイルを追加してから、トマトペーストとカスリメティの葉っぱ、塩、粗挽き胡椒、茹で汁も少し入るぐらいにパスタを加えて、ジャカジャカ混ぜて乳化させて、汁気がなくなれば完成。白ワインビネガーやレモン汁を少し入れても美味しいです。

f:id:yuugataJoxaren:20191127191738j:image

いい加減なテキトー調理なんだけど、摺り下ろしの人参をパスタに絡めながら食べると美味しいので、作る機会は多い。

今回使用したパスタの袋に書いてある茹で時間は9〜10分だけど、お弁当用のショートパスタの場合はこのやり方で作ってます。