ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

今年も観る

日本武道館で開催する全日本合気道演武大会を観てきた。

f:id:yuugataJoxaren:20190525171624j:image

呼吸法仲間のMさんが、合気道をなさっておられるので今年もお誘い頂いた。

じぶんは海外や日本全国から集まった皆さんが演武するのを見るだけなんだけど、会場の雰囲気の良さ、知らないなりに観る面白さがあって楽しい。「入り身投げ」っていうのが、何やってるのか、どうしてそうなる(受け手が転がる)のか、さっぱり分からなすぎてお気に入り。

f:id:yuugataJoxaren:20190525172421j:image

 

九段下駅から歩いて武道館に着いて、まず目当ての道場師範演武が青の畳で行われる予定だったので観やすい席を探して座った。

自分の隣の席には、観客っぽい女性が同伴の道着を着た男性と話している。しばらくして演武の準備でその男性は席を外した。

 

自分の目当ての道場師範の演武のとき、iphoneで動画を撮影しようとしたら海外カメラマンっぽい人が画面の前に立ってしまった。「あ、あぁ〜っ…」と残念がってたら、隣に座っていたその女性が席をずれて下さった。撮影しながら目視で演武を観る。やっぱり何が何やら分からないんだけど、このかたの演武はいいなぁ。と思った。

終わってから隣の席の女性にお礼を言った。同伴の男性が合気道なさっていて、去年もいらしたそうだ。凄いですよね、こーゆー世界もあるんだな、と思って〜。と楽しそうに話してくださった。アナタは合気道なさらないの?とか、知り合いが出るので毎年観てるんです。とか知らないもの同士でにわかに盛り上がる。

その後、Mさんの演武がよく見える場所を探しに移動した。後ろの席で男子学生のグループが「あの子たち、受け身うまいな〜!」とか演武を観ながら談話してる。ほうほう、なるほど。と参考にしながら観る。

やはり、本部道場の指導員クラスの演武になってくると、会場の雰囲気とゆーか空気感が変化してくる。こんなに沢山の人たちがいるのに、だんだんと静かになってくる。みんなの視線が演武に集まってくる。←コレ、トンレンしてるつもりなくても身体に肌感として伝わってくるのだ。

その後も道着を着て、裸足でキリッとした立ち振る舞いで動いてるのを見たりする。終わった人たちや、これから着替えるらしい人たちは、ワイワイ楽しそうにしてる。颯爽と歩いたりキリッとしていたり、ゆるっと歩きながら優しい声で知り合いに挨拶してるのとか、お弁当食べてるのとか、を観察する。キリッとしてるのも、終わってホッとしてるのも、友達同士でワイワイ冗談言い合ってるのも、みんな同じ人たちがやってることなんだってのが、なんだかいいなぁ、って思った。

同じ道に励む人たちが一堂に会するのっていいなぁ。羨ましいなぁ。

そんなことをぼーっと考えていたら、演武を終えたMさんが自分の席に挨拶しに来てくださった。海外の合気道演武を観たあと、軽食を食べながら談話することになったので移動した。続きます。