ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

美味しい味

神保町で開催する東京気塾に行ってきた。

定時を少し過ぎて到着したら、入り口前の道を向こうからKさんがやって来るのが見えて一緒に会場に行った。

室内では別のKさんが進行係りで皆さんがトンレンの練習をしている。Kさん、ありがとうよ。

自分はまず、小腹満たしにネーブルオレンジを食べつつKさんに人数確認と近状のやりとりをする。頃合いを見計らって、トンレンの練習に参加させていただく。

参加くださった方々は、皆さんとても真面目なかたなので熱心に話を聞いてくださる。

総じて皆さんに感じたのは、ご自身の感覚や想いを、どうやったら認識できるようになるか?ってことだった。

自分がトンレンの練習をしている様子を、2人のKさんがときどきチラ見してくるのが面白いとゆーか、照れる。

 

いつもより人数が少なかったので、時間に余裕ができた。テーブルなどを元の位置に戻してから、木村先生の講義を受けることになった。

なんか聞きたいことありますかー?って聞かれたから自分が確認したいこと3つくらい述べて、他の人たちからは特になにもなかったので、「奇景八触きけいはっしょく」について話してもらった。内丹哲学である中国の「やたら分類したり沢山の表現で述べてく」感じが、インドのそれとは異なることなど、なるほど!って思って面白かった。

 

終了して皆さんに挨拶してから、お腹空いてたので京橋に移動し、南インド料理ダクシン八重洲店さんに行った。

↓ゴビマンチュリアン。カリフラワーを衣つけて揚げたものを甘辛いトマトベースのソースで和えたもの。とても美味しい。ビール呑みたくなる。

f:id:yuugataJoxaren:20190414205620j:image

南インド野菜料理ミールズ。揚げたパンとパリパリおせんべいみたいなパパド、細長い米に各種カレーとデザート付き。

f:id:yuugataJoxaren:20190414205913j:image

各種カレーはスープ状のラッサム、サンバル、固形状のナスカレー、野菜とカッテージチーズのカレーまで色んな味が楽しめた。(米とサンバルとラッサムはおかわり自由です)

 

会計を済ませてから宝町まで歩いて電車に乗って帰宅する。

気塾でトンレンしてるとき、Nさんと一緒に話してた「作り手の想いが食べ物に乗っかる」ということを思い出す。

食べ物自体も美味しいんだけど、もひとつ別の「美味しさ」とゆーものを感じる時があって、それが作り手の想いなんだろうとは思うんだけど、どうして美味しいのか?なにがどう作用してるのか?この部分がよく分からない。分からないんだけど、美味しいのは分かる。不思議だなぁ。その辺も頭の片隅に置きつつ来週の木場公園で開催するビーガングルメ祭りに行こうと思ってる。