ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

電話繋がらなくてよかった

歯のクリーニングの予約を申し込みたくて仕事終わりに電話してみた。忙しいのかなかなか繋がらない。どうせ帰り道で、二件隣のスーパーに買い物に行くんだし、直接歯科院に行って予約をすることにした。

受付で申し込みをしていたら、担当の先生が、たまたまいらして「あれ?ゆうがたヨクサルさん今日入ってましたっけ?」と声を掛けて下さった。クリーニングの予約しに来たんです。と答えて、あー、そうなんですかー。と先生が奥に戻られた。

 

また受付のかたと日にちのやり取りをしていたら、自分のクリーニングをいつも担当してくださる歯科衛生士さんが挨拶しに来て下さった。

この衛生士さんは、体調が優れないので数ヶ月、休職なさっておられたんだけど、勤務時間は縮小しながら職場復帰なさったようだ。

久しぶりにお会いできて嬉しかった。

ん?とゆーことは、「ゆうがたヨクサルさん来てるよ。」と歯科衛生士さんに先生が伝えて下さったからお会いできたんだよな。粋な計らいとゆーか、先生のご配慮に感謝の念が湧いてきた。いい人たちだな〜!

 

このブログでときどき、歯のクリーニングをしてもらってる担当の歯科衛生士さんの事をのべることがあるけれど、施術をしてもらってる合間に、歯科衛生士さんは、自分に雑談をしてくださる。ご自身の趣味のハンドボール部のこととか、菜食って何食べてるんですかー、とか美味しいお店、どこかありませんかー、とか。

 

もう何年も前のことになるけれど、自分は体調が優れない時期があった。その頃から担当をして下さっていて、当時の自分を知ってらっしゃる。そんで、定期的にクリーニングに行くたびに、少しずつ元気になってる自分を見て少しずつプライベートなことも話して下さるようになった。

その流れで、自分が呼吸法をしてることも話すようになった。歯科衛生士さんの右手に、自分が呼吸法して発電した氣を体感してもらったこともある。なんか自然な成り行きでそーなった。

 

いつも、施術の椅子に横たわって直接体に触れている状態だったから、当然、自分と歯科衛生士さんとで氣のやり取りも起き、自然とトンレンをしてる状態になる。

こちらは口を開けてタオルで目を隠してもらいながらじっとしてるだけだから、ある瞬間に肩や腰や肩甲骨や腕が怠くなったり重くなっり鈍痛を感じたりする。「あー、歯科衛生士さんの体の状態が自分にトレースされてるんだな。」とわかる。

ある時は頭が痛くて目も少し眩しい感じがする。でも歯科衛生士さんは、静かにテキパキと優しい掛け声で処置をしてくださる。

「今日は目の奥、痛いんですか?」と質問してみたら「えっ⁉︎」「やだ〜!ゆうがたヨクサルさんにはなんでもバレちゃうから恥ずかしいー。そんなことも分かっちゃうんですね!」と照れている。前日の休日に、日中外歩いていたから目が疲れてるんです。と教えてくださった。

 

ある時は、呼吸法のやり方を尋ねられ、簡単に説明したこともある。そのとき、歯科衛生士さんの「自分の体調をなんとかしたい‼︎」という想いが垣間見えたことがある。

そのときの「本気の想い」と「模索中の悩み」は、一瞬の出来事だったけれど、とても印象に残ってる。

そのせいもあって、このかたに、なにか自分が役に立てること、あるかな?と事あるごとに考えることがある。せいぜい、歯のクリーニングに行って処置してくれてる間の数十分間のなかで、じぶんがトンレンして、氣の循環作って、痛いところ、重たいところをトレースして、共感したり、氣の流れを促進して軽減することくらいしかないのだが。

 

たまたま今の職場に近くて、たまたま担当になった歯科衛生士さんと、成り行きで呼吸法やトンレンのこと話すようになって、このかたの想いを知り得ることがあり、定期的にお会いするのが嬉しい。という気持ちになれてる。とゆーのは、「縁の人」と呼んでいいのかもしれないなぁ。

 

「お会いするのが嬉しい」とか「話せるのが嬉しい」って人たちが、この数年間で増えた。うまく説明できないんだけれど、そのような人たちとゆーのは、年齢や立場はあまり関係なく、お互いに敬意を払いつつも同等に相対してくださってる感覚がある。これは凄くいい感覚だ。

 

縁が人を結ぶのか、人が結ぶから縁となるのか。

 

 

 

 

 

 

ぼんやりモッサリケーキ

 

天気が良くない。ベランダに干した洗濯物を監視しがてらおやつにパウンド型ケーキを作った。相変わらずバターや卵などを使わない植物性の材料でやっとります。菜食を始めた7年前によくやってた当時のレシピメモを見つつ久しぶりにやってみた。

f:id:yuugataJoxaren:20190609132928j:image

国産薄力粉、全粒粉、ベーキングパウダー、塩をふるいにかけ、甜菜糖を混ぜる。

 

豆乳と植物性のオイル(クセの少ないものが好ましいが今回はオリーブオイル)を瓶に入れて、しっかり蓋をして

f:id:yuugataJoxaren:20190609133826j:image

掴んで

f:id:yuugataJoxaren:20190609133930j:image

ジャバッ‼︎

f:id:yuugataJoxaren:20190609134404j:image

ンジャバジャバッ‼︎

f:id:yuugataJoxaren:20190609134027j:image

ンジャカジャカジャカッ‼︎

f:id:yuugataJoxaren:20190609134140j:image

トリ「……。」

洗濯物の干してあるベランダから曇り空を眺めて数分間、瓶を振る。中身が泡立ち、豆乳とオイルが混ざり、トロッとした状態になる。これを乳化と呼ぶ。

f:id:yuugataJoxaren:20190609134616j:image

乳化させるために、ボウルに入れて泡だて器でしっかり混ぜてもいいんだけど、泡だて器よりは腕が疲れにくいという理由で瓶を振ってた。

ウッカリ瓶の蓋が緩んでいたときの惨劇(←専門用語でコンタミ)を頻繁に繰り返した反省からその後、ブレンダーを購入する。

 

乳化された液体を、粉組みに入れてゴムベラで混ぜる。途中で具などを加えて混ぜる。(今回はクルミ、甘みの強いモハベレーズン、ドライクランベリー)

f:id:yuugataJoxaren:20190609141306j:image

型紙を敷いたパウンド型に入れて、手のひらに底面を叩きつけるようにして生地内の気泡を抜く。(←竹串を生地に刺してグルグル動かして気泡を潰してくやり方もある)

180度くらいに余熱したオーブンで40分くらい焼いて竹串を刺してみて生の生地が付いて来なければ焼き上がり。粗熱が取れたら型から出して冷ます。1日くらい寝かせたほうが味がまとまるんだけど切ってみた。

f:id:yuugataJoxaren:20190609141539j:image

 

うめぇ、美味ぇ〜!と喜んで食べていた7年前のレシピを味わってみると、微妙な仕上がりとゆーか。全体的に甘さも食感もぼんやりして、ずっしりモッサリしてるなぁ。「いや、コレはコレでいいんじゃないかね。」とも言えるけど、蒸しパンみたいでケーキではないなぁ。当時、上手くできた!と思って友人に試食してもらってたけど、今は苦笑いしかでてこない。

 

現在は、さっくりとした軽いタイプが好みだから、生地の立ち上がり用に強力粉も加えて、自家製バニラエキストラクト入れて、豆乳の量はもっと少なくていい。メープルシロップも混ぜて甘みに奥行きを出すし、コク出しと軽さ担当にココナッツファインを混ぜる。

ブレンダーの泡だて器で均一に攪拌させたふわふわの液体を使うし、生地の表面に切り込みを入れる不自然なことはやらない。

でも当時はコレを週2本ペースで焼いて毎日食べてたくらい気に入っていた訳で、材料もシンプルでカロリーも低かったし、なにより作ってるときは1番楽しかった。今日は何味を作ろうかなとか、こないだ失敗したから今度はちゃんとやるぞとか。

あれから7年くらい経ってるけど好みが変化してるなぁ。でも菜食が楽しいってのは今も同じだな。あそこから積み重ねて、いまここまで来てるんだな、と思ったら、このぼんやりモッサリしたケーキも味わい深い。

 

 

 

 

ユジュ

今日は帰宅してから呼吸法の遠隔レッスンがあった。日頃の自分の体感や現象から話が盛り上がり座学になった。

言葉の語源となる「それ」の意味、本質、テーマについての面白い内容だった。

 

呼吸法を始めた頃、「トンレン」という言葉がとても印象に残って、日々の練習の体感的な部分も含めてトンレンが大好きになった。

トンレンという言葉と同じくらい、今日、教わった「ユジュ」という言葉が気に入った。

一般的には繋ぐ、とか、ヨガの語源と言われてるその言葉の、もっと深くて多様な含み潤いのある意味が、最近の自分の感覚的なものにも関連してるということに嬉しさを感じた。

あと、タゴールの詩の話題になって、「沈潜力」って言葉も出た。知らなかった言葉なのに、説明してくれたその意味や振る舞いは、しっくりと自分にとって納得出来るのだ。

 

ただの言葉、単語、発音なんだけどなぁ。いいなー、なんかすごくいい…

無為自然と森羅万象是我師とトンレンとユジュ。この4つの言葉はずっと持っていたいなぁ。

 

 

分からないなりにやってみる

ザーサイを買った。

f:id:yuugataJoxaren:20190604205700j:image

今まで餃子を作るときや炒め物に使うときに、その都度スライスされた調理済みのものを買っていたんだけれど、下処理をして保存する方が経済的な事に気付いた。(←今更感)

 

ザーサイ塊で買っちゃったー!と職場の主婦の皆さんに話したら「いいなぁ〜!」ってなぜか羨ましがられた。まるでルンバとかダイソンの掃除機を買ったかのような返事だが、ザーサイである。

 

ネットで調べてみると、塩抜きする時間が20分とか1時間とか一晩など、結構、幅があるな。ザーサイ、塩、香辛料って書いてある下に、「20分塩抜きする」と書いてあるけど、分からんから、初めての事ってワクワクして面白い。

f:id:yuugataJoxaren:20190604210633j:image

開封してサッと水洗いしてみた。握りこぶしぐらいのサイズで触った感じはブヨブヨしてます。

スライスしてから水に浸けて20分経ってから味見してみたらかなり塩辛かった。その後も10分おきに味見を繰り返す。

だいたい50分くらいで「これぐらいの塩加減で餃子作ったら丁度良さそうだな。」ってなった。

 

ザルにあけて、キッチンペーパーで水気を拭き取る。親指のささくれに塩辛いのがしみてちょっと痛い。ラップに80gぐらいずつ包んでからフリーザーバッグに入れて冷凍保存してみる。

f:id:yuugataJoxaren:20190604211301j:image

ごま油で炒めて瓶詰め保存することも考えたんだけど、初めてのことなので今回はこのやり方にしてみた。もし塩っぱすぎるようならそのときに茹でて塩気調節すればいいや。

餃子作るの楽しみだなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反応

例えば仕事してるとき、チームの同僚達が遠くでなにかを話し合っているとき、内容までは聞き取れないんだけど「あ、もうすぐ呼ばれるな〜。」と、仕事の手を止めると同時に同僚がこちらに向かって歩いてくる。そんで作業中の質問を話してくれる。

事務所から出てきた上司が持ってる書類や電話の内容が、自分に関係するってのが何故か判る。

自分の席より後方にある席から、何やらいつもと違う違和感を感じて、振り向いた途端に声かけられる。

雑談してるとき相手の過去の経験を知らない筈なのに、既に知ってるていでスムーズに会話が進み、相手も自分もそのことを不思議に思わずにどんどん話が進む。当てずっぽうとかカマかけて言ってみたのではなくて、「あなたはコレでしたね。」って確信があるのが面白い。我ながら何でそんなこと知ったんだって後から驚く。

 

たまたまそんな感じだったんだよな、と思ってもいいんだけれど、相手が自分に対して想う(呼ばれる)とき、声や動作でそれを表してくれる前に既に自分が反応してることが増えた。

 

常にその人たちのことを監視、チェックしてる訳でもなく、自分のやってることに意識を向けているんだけれど、「ふと、」とか「ん?」とか違和感があって、確実にその対象に感応してるのが面白い。

 

その時の何が、それまでと違うのかー?と考えてみるんだけれど、何もないところにフワーとした塊が生じる感覚とゆーか、単調なリズムに別のメロディが重なる感覚とゆーか、薄い色の空間に、ポッと鮮やかな色の点が付くような、そんな感じに似てる。

 

コレは自分自身がフラットな状態で、単調なリズムをキープしていて、薄い色の空間になっているから、それに反応できるのかなぁ。

自分がその状態に慣れていて、当たり前のようになってるから、相手側もつられてその反応やリアクションが当たり前のように捉えてくれて、不思議にも思わず会話やらが続けられるのかなぁ。

 

去年ぐらいまでは、何かしらの体感のサイン(例えば各チャクラの違和感とか体表面の接触など)が先ずあって、その次に、私は何に対して反応してるんだろうと探す。という工程があったんだけど、最近はダイレクトに「む?」と同時に対象に向かい合ってる。

お、おう…効率いいなー。と思うけれど、なんだか味気ない気もする。ブログの日記のネタにしようにも、さっぱりしすぎなようにも感じる。

ドタバタの、しどろもどろで、手数が多くて時間かかるとか、お互いに分かり合えた終わりのときの味のほうが旨いのかもしれない。好みの問題なのかなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもと同じいい夜

昨晩は寝る支度してからベランダの窓を開けて壁に寄っかかりながらボーッと空を眺めて休憩した。夜だから暗いんだけど、雲が浮かんでるのが見える。

 

ベランダから見える近隣は住宅街なので、雨戸を閉めてシーンとしてる。帰り道を歩いてるんだろうな、っていう靴の音や、自転車やバイクや、表通りを走る自動車の音も聞こえてくる。遠くで救急車のサイレンの音が途切れ途切れに聴こえてくる。静かで落ち着いていて、いい夜だった。

 

布団に横になってから寝るまでの間に、顔から20㎝くらい離して右手を挙げてみた。

ほんわかとした温度が、顔の表面に当たってくるのがわかる。

肩やお腹にも同じようにやってみると、やっぱりホワホワした空気が表面に当たるようになってくる。面白ーい!ついでだからアレやっとくか!

 

今週は肩や腰や目が疲れてきてる。

重たくてキリキリしてる目のところに、右手を差し出して重たさやキリキリした感じを吸い取るように意識すると、まず右手のひらにピリッとした感覚が起きて、次に左手のひらがムズムズしてからピリッとして抜けていく。

 

目の後は肩だ。

左手は左肩に。右手は右肩へ軽く触れた状態にする。暫くそのままじっとしてると、手と肩の接地面がヂリヂリ痺れるようになってくる。左肩と右肩とを結ぶ管のような帯のような流れができてくる。ゆっくりぐーるぐると、その帯を流れている感覚は、ほんのり暖かくて気持ちがいい。

 

よーし、最後は腰いこうか!

腰の重たい部分に左手のひらと右手のひらを当てる。実際には敷き布団のマットと体の間に滑り込ませてるだけなんだけど。

これも暫くそのままじっとしてると、肩のときと同じように体感が起きてくる。意図したわけではないんだけど、なぜか脚全体もポカポカしだす。面白ーい!

 

地面と自分がくっ付いてるようなイメージで、自分の氣と、地面からの精気とが行ったり来たりするような感覚がある。氣でお話するような、今日はこんなことしましたよと報告するような感じ。いつもかかさず毎晩やってるんだけど、ほんとうに安心するような心持ちになれる。今日も頑張ったな〜っ!ありがとうこざいました〜っ!と挨拶する。挨拶に反応するように氣の行き来の体感が増す。それから退陰符をする。

頭に残った考えごとや雑な意識は頭頂開調息で抜く。抜けたのが、また足や仙骨のとこらへんからお腹に戻って納まる。こんなことをしてるうちにいつのまにか寝てしまうのだ。

 

退陰符と頭頂開調息は、寝る前に行うの、おススメです。

 

 

 

チリとパン

武道館で合気道の演武を観終えてから、お茶でもしませんか、とMさんが言って下さったので自分が以前から気になっていたお店を提案して市ヶ谷駅方向に歩く。

武道館から数分のところにあるチリビーンズ専門店の「チリパーラーナイン」さんでご飯を食べた。こちらはチリの他にもホットドッグやサンドイッチ、サラダなどもあり、ベジタリアンのチリもあります。浅草のスケロクダイナーさんと同じ系列のお店なので行ってみたかったんだよな。

f:id:yuugataJoxaren:20190525193227j:image

↑自家製ジンジャーエール。スライスした生姜とシロップがソーダ水で割ってある。

f:id:yuugataJoxaren:20190525193402j:image

↑グリーンボムボウル。ハーブや薬味野菜にチリビーンズ、ご飯。チリはビーフベジタリアンか選べます。ライムを絞って食べます。ライム…普段の食卓でライム絞る事なんて無いよ!

上のほうにあるのはコールスローとピクルス。インドっぽい味で、マスタードの風味のするピクルスなんて初めて食べた。ライスとチリとハーブに混ぜて食べたら美味しかった。

皿も好みのデザインだし、内装やスタッフのかたの雰囲気がとてもいい。落ち着く。Mさんも気に入って下さったようだ。

 

食後に雑談してから店を出て、隣接する系列店の「ファクトリー」さんにも寄る。旨そうでかっこいいハード系のパンが沢山並んでる。カフェとして、買ったパンをテーブル席で食べることもできます。

f:id:yuugataJoxaren:20190525194909j:image

チリパーラーナインさん同様、いい感じの内装で落ち着く。パンのいい香りするし癒される。壁の棚に置いてあるレーズン酵母の瓶やナッツのストックに見惚れる。

真っ黒なチョコレート入りベーグル、スコーン、ドライフルーツとナッツ入りのパンを買った。

f:id:yuugataJoxaren:20190525200120j:image

会計しながら横にあるショーケースを見る。旨そうなキッシュやパウンドケーキがある。パウンドケーキのサイズが大きく見栄えがしていたので「ああ、いいなぁ、デカい型使ってるなー。」と感じ入ってたらスタッフのかたが声かけて下さった。冬は人参ケーキ、今の時期はフルーツ系のケーキなんですよ、どちらも美味しいんですよー、フフ。と、嬉しそうで、そんなふうに聴くのはいいものだった。

 

菜食するようになってからのほうが、色んなお店に行ってみるようになった。出掛けた先で、自分が「これはいいなぁ。」と感じるものが見つかるのは凄くいい。その感覚は大切にしていきたいです。