ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

夢とパンジー

・時間に余裕がある休日と出勤日の間の夜には、たっぷり睡眠タイムをとってるんだけれど、何故かこのところ2、3回は、毎回同じような設定の夢をみる。

色んな角度から見た出来事が、1つのものに集約されていて、それを納得してる自分がいる。とゆー夢。

 

例えば、ひとつの曲がある。歌詞や音楽、歌い手、聴くひとや場所など、そこに携わる人たちの想いや関係性や縁のようなものが、「ひとつの音楽」になっていることが、枝を触ってるような感じで自分に集まってきて、夢の中で納得して喜んでる。とか。

何かの仕事をしていて、それを行うための機械や道具や材料や、依頼する側、工程を繋ぐ側、届けるための流通の仕組み、そこに携わる人たちの想いや関係性や縁のようなものが絡まって広がって、俯瞰したとき「ひとつの集合体」になってることを夢の中で納得してる自分がいて、嬉しくなる。とか。

こうしたらこうなった。の連鎖が、なにかを形成してる。とゆーことが、夢の中で、ぱっぱか、ぱっぱかと浮かんで繋がって、あー、いいなぁ。こーゆーの、いいなぁ。と、夢の中でひたすら感動してる。とか。

毎週のように、似たような夢の内容で、納得して目が覚めてる。起きてからも、その納得感は保たれていて、週初めの朝はだいぶ機嫌がいい。

 

夢の中の出来事だけども、皆んなが皆、都合のいいように優しいわけでもないし、スムーズに進むわけでもなくて、何処かでウンウン悩んだり失敗したり、損得の駆け引きや予想外のことが起きて長引いたりするのだけれど、そこも含めて「ひとつのかたまり」として納得してる自分がいるのだ。

納得してる。とゆーのは、「そーね、いいじゃない」とか「そこがいいんだよ」とか「是」とか「有りよりの有り」として肯定的に受け入れてる状態とも言える。

ゆうがたヨクサルは、夢の中では器が大きいとゆーか、目が覚めて日常の生活を送るときよりもずっと心が広いなぁ。とちょっと反省する。

寝ても覚めても、いつもこれぐらい余裕があって、器量が持てればいいのになぁ。

 

・自分が住んでる建物の階段を降り切った、段と地面の隙間の角に、濃い紫色の、ちっさいパンジーの花が咲いてる。近くのプランターの種がこぼれて芽を出したようだ。

階段とアスファルトの地面の隙間の、絶妙なところなので、も少し大きく育ったら通行人に踏まれてしまいそうなくらいだ。

植え替えて自宅にでもおこうかな。とも思ったけれど、春先の気温や日差しや、雨やわずかな土など、このパンジーが根付いて開花するのにちょうどいい場所だったからこそ、今ここで咲いてるんだよな。と思うと、引っ越しさせるのもなんだな、と思ってそのままにしてる。

 

「何かが起きるに適した条件が揃う」とゆーのは、偶然なのか必然なのか、と考えるのは面白いな。

作為があってそれが成ることもあれば、無為であっても成ることもあるなぁ。

自分はわりと無為で成るようなことを面白がるほうで、実際、ゆるゆると生きてきたのだけれど、「この為に色んな準備してきましたぁぁーっ!」ってことを人から話聴くのも、凄いなぁ、面白いなぁ。と思うようになった。

パンジーも、目的に向けて準備してる人たちも、どっちも素敵だな。