ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

小出しで埋めてく

神保町で開催する東京気塾に行ってきた。向かう電車の中で陰の呼吸法②④⑦→退陰符→乗り換え移動しながら②→意識をフラットにしてから今日の参加なさるかたがたにとって、自分が何をすれば役に立てるか?参加したかたが来てよかったと思えるようなことは何か?を考えた。

 

今回は久しぶりの神保町なので、皆さんの様子を観察させてもらいながら、進行具合に合わせて小出しで話したりトンレンするように心がけた。ダーって長く沢山の情報やらアドバイスをドッサリ渡す。のではなく、小出しで必要なポイントだけ。そのほうがしっくりきた。

今までは、せっかくの機会なんだからと、アレもコレもと、せっせと沢山詰め合わせて、それはそれでいいときもあるんだけど。

状況や事態というものは、常に変化するし、一通りのセットを渡しても役に立てるかわからないし、覚えていられない。

ちょっとずつ、少しだけ。ポイントだけ。そこにご自身の工夫や回数も付け足されて、虫食いの穴の部分を埋めてって、その人用のツールになれば、それでいーじゃない。その方が面白いじゃない。と思った。なにより、そんなふうにポイントたけ、穴だらけの会話してる時の相手のかたの表情や思い巡らしてる感じとゆーのがとても素敵だったんだよな。おおー、ご自身のことに照らし合わせていま頭の中と心で考えてんなー!って。

 

他には自分が試したいとゆーか、ある件のデータ集めとしてトンレンの練習がてらやったことがある。大雑把にいうとLiveとrecの違いってことなんだけど、感想を述べてもらった。コレがなかなか興味深くて、引き続き検証していこうと思う。

今回も、参加してくださった皆様、ありがとうございました。