ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

3時間のあいだに思ったこと

・今日は休みを取ってたんだけど、職場の歓迎会と送別会があったので新横浜駅まで出かけた。向かう電車の中で呼吸法の練習をした。

菜食してる自分を気遣ってくれたようで自然食バイキングの「はーべすと」さんで食事会。新横浜駅直結のキュービックプラザ新横浜の9階にあります。それぞれの惣菜に食品アレルギー表示されてるので卵、乳など参考にするけれど、煮物やソースなど出汁はある程度摂取することになるから、こーゆーときは自分は気にしない。

f:id:yuugataJoxaren:20180821214926j:image

湯葉と青菜の煮浸しとか切り干し大根とか、野菜のかき揚げとか大根餅とか玉ねぎグリル、ゴボウチップスなど。

 

惣菜を皿に盛ってると、先日のトライアル会に参加してくれた同僚が「こないだ教えてもらった呼吸法、あれから毎日続けてるよ!」と話してくれた。おー!そうですか(^^)

彼女はホットヨガをやってるかたなので腹式呼吸を鼻でするのに慣れてるから、マスターヨーガの逆腹式呼吸に慣れなくて難しいらしい。「でも練習するとなんだかいい感じだよ。」と笑顔で話してくれたのでよかった。

 

別の同僚は、梅酢をプレゼントしてくれた。

長崎に住む90歳を超えたお母様が、毎年梅を漬けるそうで、梅酢好きの自分のことを話したら「どうぞ」と分けてくださったのだ。

梅干しを作るとき、下処理した梅に塩を振って樽や瓶に保管してると梅エキスを含んだ水分が上がってくる。これが梅酢。

f:id:yuugataJoxaren:20180821223229j:image

白梅酢だ!なんとなく瓶に向かって右手センサーでトンレンしてみると、1分くらい経ってから細かなパチパチささやくような氣が手のひらにあたって左手からでてく。トンレンしてるから知ってるけど、梅ちゃんだけでもかっこいい氣なのに、そこに年季の入った女性の愉しげなのが加わって。これはいいものをいただいたなぁ。

解散する前に皆んなでで写真撮影をした。この小さなコミュニティの中で、じぶんが何かしら役に立ったり協力してもらったり、与えたり受けたり繰り返してるんだなぁ。と自覚した。これをかっこよく表現すると「縁」になるのかなぁ。

 

・食事会を終えて解散してから地下鉄に乗って下車駅に到着したとき、帰宅ラッシュで混雑する階段を降りた。

自分の前に妊婦さんが居るのがわかった。背中側からでも「赤ちゃんの陽の氣」が元気よく伝わってくる。おー!そうですか(^^)

こうやってお母さんを陽の氣で支えてるんだなぁ。と嬉しくなった。

日常の中には氣の視点で気づけることがたくさんある。日常にはぎうぎうに満たされてるのだ。梅の花が咲いて実がなるとこんな感じの体感があるな、とか、作ったひとや贈りての想いはこんな感じなんだな、とか、妊婦さんをトンレンすると凄く元気な氣で満ちてるな、とか。

日々受ける氣の体感と視点はささやかだが、その小さな発見や気づきやデータが、あるとき繋がって別の気づきになってる。

もっと自分は、これらひとつずつ気づけるようになりたい。そんで、自分のことばでそれを整えられたら幸せだと思う。