ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

センスの塊

・赤レンガ倉庫一号館で開催している「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」に行ってきた。この展覧会は9月3日まで開催してます。

f:id:yuugataJoxaren:20180819145011j:image

ディック・ブルーナさんといえば

f:id:yuugataJoxaren:20180819145034j:image

うさこちゃん(ミッフィー 、ナインチェとも呼ばれる)で有名な作者さん。

オランダ女王からナイトの称号を授けられたり、オランダ王国から王室勲章を受章してるあのステキ紳士、ブルーナさんのデザイン展。

出版社で書籍デザインもなさっておられたので、ペーパーブックの表紙のイラスト原画や複製ポスターやパネルが展示してあった。

作品はどれもシンプルなのにユーモアや感情がちゃんと伝わってくる。原画はたいていノートの半分くらいの大きさなんだけど、とてもキレイだった。修正液やテープの跡や染みなんかがないのだ。

下絵の鉛筆の跡もない。なぜなら筆に絵の具をつけてじかに描くから。「線を引く」のではなくて「点を連ねて線にしていく」ので沢山の時間をかけて作品ができあがってく。観ていて気持ちがいいのは、余分なものが削ぎ落とされてセンスの塊だけが残っているから。集中による静けさと、楽しさと、手描きの温もりが感じられるから。

こんな風に自分も仕事や呼吸法できたらいいなぁ。と思う。

 

絵本やキャラクターグッズでもよく見かけるから、小さな子供を連れた親子やデザイナーっぽい大人の人達が多かった。出口のところにあるグッズコーナーには展覧会限定グッズがある。

デルフォニックス社とブルーナのデザインがコラボした「ロルバーン」のノート。

自分はロルバーンを愛用しているので、これを見つけたとき、ナイス‼︎企画してくれた人ありがとう!って思った。

f:id:yuugataJoxaren:20180819152030j:image

全種類買おうかと思ったけど結局3冊購入した。

 

・展覧会のあった赤レンガ倉庫を出て、昼ごはんでも食べようかとランドマーク方面に向かう。菜食の自分には、桜木町のみなとみらいエリアはちょっと厳しい。何故なら殆どの店が肉やシーフードやミルクや卵を使うから。ゆうがたヨクサルでも食べれるメニューのあるお店の中から今回は「soup stock Tokyo」横浜ランドマークプラザ店さんでカレーを食べることにした。

f:id:yuugataJoxaren:20180819153213j:image

豆と野菜のサンバルカレー(玄米)とライムソーダ。ライスは白米と玄米どちらか選べます。辛さは弱めで野菜も柔らかいものばかりなので、どちらかとゆーと白米のほうが合うかもしれない。

 

今回の夏休みはアガ会に出かけたりトライアル会をやってみたり、今後の準備を進めたりしつつもダラけた日も確保できていい休みだった。

明日からの日々に活かせるといいなぁ。