ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

カスタードのおやつ

プリンみたいなものを食べたかったので、今日のおやつは「ココアカスタード」(正確には卵も牛乳も使ってないのでカスタードではないのだが)を作った。

白崎裕子さんの「かんたんお菓子」の本に載ってるカスタードのレシピで、なたね油をココナッツオイルに替えて作った。

f:id:yuugataJoxaren:20180818144610j:image

ココアパウダーと薄力粉と液体のココナッツオイルを、ダマがなくなるまで完全に混ぜる。

てん菜糖、豆乳、ピーナッツバターを加えて中火でかき混ぜ、沸騰してきたら弱火で3分くらい練りながら炊く。

火から下ろしてラム酒を加えて混ぜて、粗熱とれたら器によそって冷蔵庫で冷やす。今回は冷凍バナナとラズベリーを加えてある。

 

食べるときに好みでココアパウダー振ったり、チョコレートシロップかけたり、刻んだナッツやシリアル混ぜても美味しい。

冷蔵庫で冷やすと、トロトロのカスタードはぶるんぶるんの固まりになる。食感はわらび餅に似てる。製氷機に小分けして冷凍するとショリショリのアイスキューブができる。

喉越しもよく、腹持ちもいいし、小鍋とスパチュラがあればいいので洗い物も簡単で、今日みたいな暑すぎない夏休み中のだらけた昼さがりにはぴったりだ。