ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

それがじぶんでできるという面白さ

今回の呼吸法トライアル会は、グループで行うことにした。

まずは気脈を通る氣の流れかたや基本となる呼吸法のおおまかな説明をホワイトボードに描いてから、皆さんと一緒に呼吸法をする。

休憩を挟んでから、両腕の気脈の通気加工であるビバを施す。その後はペアを組んで向き合って呼吸法して、手のひらから氣が出たり当たったりするのを楽しんでもらった。ちゃんと自分で呼吸法で氣をだせてるんだってのがわかると、やりがいあるし何より面白いんだ。

 

わいわいやりながら、呼吸法のおさらいをひと通り行う。このとき呼吸法してる皆さんに自分の氣をぶっ込みつつ、内圧と意識レベルをチェックしていく。

頭をスッキリさせる頭頂開調息の練習では、ペアになって、片方が頭頂開調息をして、もう片方は通気加工した右手センサーで頭頂から排出される氣を確認してもらった。

呼吸法してるほうは「頭頂開調息ができてるかどうか」のを相手に確認してもらえるし、右手センサーでチェックするほうは「頭頂から氣が出ているな」と体感することができる。

 

休憩をしてから、最後に呼吸法を使って誘導瞑想をした。もうこのへんになってくると皆さんスーハーと息するのも慣れてきてどんどん意識レベルも安定してくる。それをゆうがたヨクサルがまとめて整えて意識レベルをどんどん下げて誘導してく。

今回は「自分のなかのじぶんに触ってみよう」ってことで段階を追ってリードしてみた。

皆さんの状態をトンレンでチェックしながらやってるので、「あ、いま〇〇さんは触れたな」とかその時の感情が伝わってくる。

頃合いを見て、意識レベルを元の位置まで戻して深呼吸してリセットする。そのあとそれぞれ感想などを述べていただきトライアル会は終了した。

 

あっとゆーまの4時間だった。呼吸法、やっぱりいいな!たのしかったー!