ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

ポップな神さま

代々木公園で開催した「台湾フェスタ2018」に行ってきた。向かう電車の中で陽の呼吸→退陰符→陰の呼吸②③④→退陰符の練習をした。

台風一過で天候もよく、昼過ぎの会場は混雑してた。暑い。

イベントのサイトを見てたとき、台湾素食のお店が1店舗出店するのを知ったので、まずはそのお店で野菜焼き餃子↓

f:id:yuugataJoxaren:20180729154614j:image

中身は湯葉と春雨がメインで、野菜っぽさはなかったけどコレはこれでおいしかった。

次は漫画「美味しんぼ」でも出てきた葱油餅(ツォンユーピン)↓

f:id:yuugataJoxaren:20180729155129j:image

小麦粉を練って伸ばして、ごま油とネギを散らして、ぐるぐる巻いた棒状の生地をさらに渦巻き状に巻いていく。隙間のない蚊取り線香みたいに。それを伸ばしたやつを焼くと、中の生地はもちもちの層になって、外側はカリカリでうまい。単純なのに味がうまい。ビールが飲みたい。インドのパラタ生地に食感が似てた。

 

木陰で葱油餅を食べながらイベントステージの開会式を眺める。関係者さんがたの挨拶や抽選会も終わって、さあ、みなさん始まりますよーっ!

f:id:yuugataJoxaren:20180729161002j:image

ハイっ!ハイっ!ハイっ!ハイ〜っ‼︎

f:id:yuugataJoxaren:20180729161112j:image

フワ、フワ、フワ、フゥーッ‼︎

f:id:yuugataJoxaren:20180729161215j:image

「竹塹電音太子團」のダンスパフォーマンス。

約20キロの重さの衣装を着てるのは全員が女性とのこと。炎天下の屋外ステージで重たい衣装を着てダンスするの凄い。

このお面と衣装は、道教の子どもの神様を意味する哪吒三太子(なたさんたいし)で、台湾ではお祭りやお祝いの時に登場するそうです。伝統芸能がポップに。

おさげの三つ編みに、目はジャンプしたり大きな動作をすると上下にギロギロ動くので白目向いたりしてユーモラス。首から哺乳瓶下げてます。

最初に見たときは、ギョっとするんだけど、踊ってるのを観てると、どんどん可愛く見えてくるから不思議だ。思わず「kawaii〜!」を連呼しながらバシャバシャと写真を撮りまくる。

そんで、周りの観客の子供達も台湾の旗を振りながら愉しげだし、ファンらしき若者たちは最前列で振り付けに合わせて手を動かしてるし、大人も手拍子しながらイェーッ!とか叫んでるし、すごく人気あるんだなぁ。って思った。

 

ダンスパフォーマンスを観たあと、干し豆腐のお店を見つけたので並ぶ。これうまいんだよな。

f:id:yuugataJoxaren:20180729171648j:image

干し豆腐とパクチーのサラダ。豆腐干絲(トーフカンスー)は、日本の高野豆腐とは違い、豆腐の水分を限りなく減らしたような食感で、前菜メニューでよく見かける一品。

f:id:yuugataJoxaren:20180729171919j:image

抹茶のかき氷に黒蜜シロップをかけてもらったやつ。もとがフワフワなだけに、暑さであっとゆーまに溶ける。

他にもナースっぽい服着たキレイなお姉さんが売るヌガーキャンディとか、お茶とかカゴとかあったんだけど、お腹いっぱいになって、眠くなってきたので横浜に帰ることにした。

 

20代の初めに、地元の台湾料理屋さんで空心菜の炒め物とレモン酒を注文したり、台湾のお茶が美味しくて時々買ったりする程度だったんだけど、気塾で教わる内丹法は、木村先生のお師匠様が道士で台湾と関わりがあったし、菜食をするようになって台湾素食を知り、お店に食べにいくようになったりで、なんとなく親近感がある。

電車の中で、さっきのダンスパフォーマンス、哪吒太子かぁ。と、検索してみる。

道教の神様だけど、仏法の守護神でもあり、さらにはインドでナラクーバラって神様だったと。時代や地域を経てどんどん繋がっていってるのが面白いな。

たとえば小麦を練った麺も、大陸から日本に伝わってるけど、、大陸も西から東に様々な麺料理があって、シルクロードやなんやら通って、細長かったり平べったくなったり、粒々してたりの違いはあるけど、時代を経てどんどん繋がっていくのが面白い。

イベントとても楽しかった。暑かったけど行ってよかった。