ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

潜水

子供のころは、市民プールに連れて行ってもらった。

 

茨城県にある母方の実家には毎年1、2週間滞在した。いつもと違う市民プールに行き、弟と2人でバチャバチャ泳いだりふざけたりする。プールサイドからは、通路を挟んで壁側に向かって少しずつコンクリート製の階段状になってるところがあって、そこには祖母が日傘を差して座っていて自分達を見てる。時々手を振ってくれる。

今思えば、夏の日差しで日陰もないコンクリート製の階段状のところで、祖母は自分達を見てくれてたのだ。さぞかし暑かっただろうと思うが、いつも自分たちを見てくれてたんだよな。

 

横須賀の実家では、小さかったころは親が市民プールに連れて行ってくれたけど、小学生の3、4年生くらいになると、友達同士で行った。

5、6年生になると、友達と行くときもあったけど、大抵はひとりで週3くらい泳ぎに行った。父の運転で市民プールに行って、数時間後にまた迎えに来てもらうのだ。

 

2メートルも間隔がないほど子供だらけのプールだから、すぐぶつかっちゃうのでガシガシ泳ぎまくることは出来ない。だから、ひとりでプールに行ったときは、「潜水」をする。

息を止めて、水の中に潜ると、水色でキラキラ揺らめいて、ゴボゴボしてるのにシーンと静かに感じて、音の聴こえ方がいつもと違うし、皮膚にあたる泡や水圧を感じるのが好きだった。楽しいからテンションも上がってくる。

でも、テンション上がるとあまり長くは潜れない、水中の世界に長くいられない。

とゆーことに途中から気付いて、「潜るときは静かにする」とか「いま息止めてるー、と考えると余計に苦しくなるからなにも考えない」とか「水中は、はっきり見るんじゃなくて、(焦点定めずに)ぼんやりする」とか工夫をしだす。←行者かよ

 

いい感じに、むーん。と静かに潜ってるが、哀しいかなここは混雑する子供だらけの市民プール。時々、泳いでるコの水を蹴る足が、自分の胴体や顔にゴーンっ!と当たることもある。

そのとたん、静寂の世界は消えて、痛みとムカッ腹で水上に浮き上がるのだ。

何回も繰り返し潜っては、ぶつかったりする。皆んなはワイワイ楽しく泳いだり遊んだりしてるんだから、距離を保って回避することもなく、じっと動かずにいるやつがいれば、そらぶつかってもしかたないよな。

 

満足するまでプールで潜ったあとは、父の自動車が迎えに来るまでの時間、棒アイスか凍らせたミニカップのゼリーか、ベビースターカップラーメン食べるのが楽しみだった。

プール上がりの体は、軽いような、外気の温度との違いでぽわーっと何かに包まってるような感覚だった。

 

潜ってるときの「なにも考えないようにしながら水中を感じる」ってやつは、サイコーに気分がよかった。