ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

行くしかない

青空文庫で見つけた河口慧海の「チベット旅行記」を読み終えた。長かった〜!

 

今の自分からすれば、明治の時代に日本から海外へ出立すること自体が、凄いことなんだけど、船で神戸港からインドに向かって、しばらくはチベット語を勉強しつつ滞在してネパールに行く。当時のチベット鎖国してたから正規ルートでは入国できない。だから関所を通らずに、人が殆ど使わない険しいルートを歩いている。

 

腰より深い川を渡るとき、服脱いで頭に荷物のせて身を切るような冷たさの川の中にザブザブ入ってくわ、盗賊にあって、コンパスもなく、水も食料もなくなって、靴はぼろぼろ、険しい山を越えるわ、

遊牧民のキャンプに、たまたま巡り合って一夜の宿を求めても拒否されるわ、猛吹雪のなか荷物を背負った羊たちと一緒にへとへとになって、疲れ切って歩けなくなって、休めそうな岩陰もない地面に一晩座るわ、吐血や体調不良で動けなくなったりしながら、休めるときはしっかり休んで、とにかく徒歩でどんどん行くのだ。行くしかないんだけども。

洞窟で修行してる高僧に会いに行って話ししたり、巡礼の人たちと一時的に同行したり、美しい湖や山脈を歩いて観に行ったり通り越してまた歩く。

食べ物は麦こがしとヤクのバター、干しぶどうや干アンズ、水がないときは雪と麦こがしを混ぜ合わせて食べる。毎日何キロも登ったり降りたり歩いてるのに、これだけしか食べていないのが驚きだ。

 

このかたは、なにか迷ったり分からなかったり困ることが起きると、いつも瞑想をしてる。

どっちの方角に行けばいいのか?とか、どの選択をするといいのか?とか、空腹や寒さやその他もろもろの感情を和らげるように瞑想してる。彼の行なう実践的な瞑想は、どんなだったのかなぁ、彼をトンレンしたらどんな感じかなぁ。と思う。

 

チベットに入国していろんな聖地を見て歩いて、やっとラサに着くまでの所が読んでていちばん面白かった。

「仏教を学びたい!」とゆー想いだけで、ここまでできるのか。と思う。関連する人々の縁、出来事のタイミングひとつとっても、全てが必然だったかのように現象が進むから読んでてスッキリした。

目の前も後ろも、左右も真っ暗で、どこへむかへばいいのか分からない自分にとって、励みになるような本だった。