ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

びわ

・職場のある建物のすぐ隣は、ちょっとした緑道になってる。この時期になると朝、建物に入るまえに、敷地内から見えるところにあるビワの木をチェックする。これといって手入れされてる様子もないんだけど、小さいながらも毎年たわわに実る。

f:id:yuugataJoxaren:20180515201221j:image

けっこう上の方は実が色づき始めてる。これ、いい感じに美味しそうになる頃、鳥が沢山群がって食べてるんだよな。いいなぁ。びわ、食べたいなぁ。

 

・自分は古式マスターヨーガの呼吸法を練習してるんだけど、毎日、どのくらい、どのタイミングで呼吸法するんですか?って質問を受けることがある。

(そういえばトンレンはどのくらい練習するんですか?って質問は殆どないなぁ。皆んなトンレン楽しいだろう?練習とか実践の感想とかデータ下さい)

 

最近はそんなに沢山は練習してないけど、大雑把に言えば、「風呂入って体洗ってるとき」「毎日朝、電車の中に居る時間に30分くらい」と「朝と夜、外を歩いてるときはたいがい呼吸法しながら歩いてる」のと「仕事中に思い出したとき又は何か起きて自分をコントロールしたいとき」と「夜寝る用に、布団の中で5分から10分くらい」。

 

休日は出かける場合は「出かける電車の中と歩いて移動してるとき」と「出先に着いて、暇なとき」と「帰り道や駅や車内で」。

休日でどこにも出かけない場合は「夕方ごろに1時間半ぐらい呼吸法と瞑想またはチャンダリーとか過去の復習練習」をやって、寝るときにまた布団の中で退陰符と頭頂開調息をやる。

初めの1年間は、毎朝早く起きて、雨の日は室内で。晴れていればベランダのエアコン室外機の上に座って外の景色眺めながら30分くらい練習してた。

「自分の身体に一定量は、ちゃんと氣が貯めておけるようにしよう」って考えてたから、目減りしては足して、いっぱいでキツかったら退陰符とか頭頂開調息で排出して調整した。

 

ちゃんと真っ直ぐに立つ。とか、ゆったり椅子に座る。だとか、日常生活の中では殆どない。そのほうが呼吸法も正確に練習できるし、好ましいんだけど、それ以外に、例えば歩いてるとき、信号待ちで横断歩道に立ってるとき、電車の中で下車駅までボーッと立ってるとき、ご飯食べ終えてお皿洗ってるとき、ベランダに干すために洗濯機から服を取り出してるとき。取り込んで服やタオルを畳んでるとき。お風呂掃除してるとき。

特別な場面は何もない。息するついで。どうせ酸素吸ったり二酸化炭素吐いたりするついでに意識的に呼吸法で息してるだけだ。

 

自分は身につくのが遅い、とゆーか、しつこくやらないと直ぐに忘れちゃう。だからコツコツ貯めてくように、日常生活の中で練習するのは、なにかと都合がよかった。たぶん、わざわざ会場集まってとか決まった時間にルール守っておこなう。とかだったら続かなかったと思う。日常生活に寄り添いながら自分のものになってく感じが好きだ。