ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

サラダ、ロデヴ

チベットフェスティバル7日目に行ってきた。

今日の瞑想セッションは、チベットフェスティバルで占いをなさっている僧侶のかたのお話だった。

ここでも「呼吸」の大切さや、日常生活で役に立つ方法など分かりやすい説明と五分くらいの練習があった。話の進め方や来場者のかたがたへの配慮が、そこかしこに感じられるとても素敵な時間で全部が勉強になる。

 

世の中は連休真っ最中で、会場のある有楽町は建物の中にも街の通りにも沢山の人がいた。

今日の昼ごはんは、マロニエゲート銀座2にあるサラダ専門店の「with Green」さんでサラダを食べた。

f:id:yuugataJoxaren:20180504192218j:image

色んなタイプのサラダメニューの中から「1日分のまるごとサラダ」を選んだ。さつま芋、人参、豆、大根、コーン、葉野菜、トマトに本日の野菜3種類から春キャベツを選択。ドレッシングも好みで選べて、柑橘系のを選んだ。

注文するとスタッフのかたがサラダとドレッシングをボウルで混ぜ混ぜしてくれて、容器に入れてくれて、別添えのパンと一緒に渡してくれた。

 

同じフロア内に自分の好きなパン屋「ビゴ」さんがあるのを発見した。ハード系のパンを素早くチェックすると、な、なんとロデヴとリュスティックがあるじゃんかぁぁぁっ‼︎

やったーーっ‼︎高加水っ!高加水っ!こうかすいっ!

f:id:yuugataJoxaren:20180504193045j:image

買いました。半分のやつがリュスティック。下側のが焼き色眩しいパン・ド・ロデヴ。どちらも生地に加える水分が一般的なパンよりもかなり多めのパン。ドロンドロンの、たぷたぷの生地を混ぜて寝かしてまた混ぜる、を繰り返して発酵させたりデロンデロンの生地を成形せず焼き上げる。だから外側がパリパリで中の気泡がぼこぼこで、噛めばジュワッとジューシーでもっちりしてる。見た目も素朴でシンプルで奥深いから大好きなパン。

ロデヴはいつか食べてみたいと思いながら今日まで食べたことなかった。1食分ずつカットしてビニール袋に入れて試食のぶん以外は冷凍した。

f:id:yuugataJoxaren:20180504194123j:image

↑リュスティック。気泡がぼこぼこでクラストはバリっと芳ばしくてクラムはジューシー。美味しいなぁ。

次は初ロデヴ↓

f:id:yuugataJoxaren:20180504194240j:image

内側のクラムは半透明で潤い、ツヤがある。お、おおぅ…リュスティックよりも(わずかに上回る感じで)ジュワッとしてて噛むほどに甘くて喉ごしがとてもいい。外側のクラストもパリパリで…凄く美味しい!

 

サラダ屋さんにいかなければ、ロデヴにも出会わなかったから、食べれて嬉しかった。

もっと言えば、有楽町でイベントがなければサラダもロデヴも知らなかったことだ。

更に大げさかもしれないけれど、呼吸方や瞑想について、自分が関心を持っていなかったら、実際に行ってみなかったら、コレらは全て経験してなかったことだ。なるほど。