ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

素食、柏餅

有楽町の相田みつを美術館開催の「チベットフェスティバル」5日目に行ってきた。向かう電車の中で内丹法2駅分→退陰符→陰の呼吸法②④⑦→退陰符→桜木町駅で乗り換え→有楽町までの40分くらいゆっくり陰の呼吸法練習した。

ほぼ仕事の日と同じような起床で電車に乗って、10時過ぎからの声明を拝聴する。

不勉強のせいもあって、最初に簡単な説明はあるんだけれど、なにを唱えているのか、さっぱりわからない。

でも、低音で、ホーミーのような倍音を感じられるその祈りの心地よさは最高だ。

特にふたつめ(と言っていいのかわからないけれど)のゆっくりしたリズムと声を聴いてると、自分の心が震えて表情が崩れそうになってくる。1番好きな時間になってる。

その後の瞑想セッションのときも、自分にとって面白い事ばかり話してくださるから時間はあっとゆーまに感じる。

瞑想セッションの時間に、参加なさる来場者の人たちは、年配のかたや若い女性が多い印象だ。自分の隣に座っていらした杖をついた年配の女性は、興味津々にあちこち見て回ったり、解説をして下さる僧侶の動作や表情を見逃すまいとキョロキョロなさってて、可愛らしく感じた。こんなに大勢の一般のかたも瞑想ってことに興味おもちなんだなぁー!って思った。

 

15時からの法話まで時間があったので、有楽町から錦糸町に移動して昼食たべに向かった。

以前、錦糸町駅の線路近くにあった台湾素食「りんりん菜館」さんが「veggie house」という店名でリニューアルオープンしたのでコレは行かねばと思ってたんだ。場所も錦糸公園の近くに移転してます。北口駅前のバスターミナルから歩いて8分くらいだと思う。

 

並んでるベジの惣菜を選んで量り売りしてもらうビュッフェスタイルの他に、単品でも注文ができます。メニューの一部には乳製品使用してますが、メニューの写真のところに人参マーク(ビーガン)、牛乳パックのマーク(乳製品使用)、唐辛子マーク(辛い味付けですよ)って分かるようになってます。素食なので五葷と呼ばれる薬味系のものは不使用です。

 

今回は単品で注文してみた。

魚風の揚げものと、揚げ豆腐と野菜のピリ辛煮込みに酵素玄米とスープ↓

f:id:yuugataJoxaren:20180502183254j:image

 

ハイッ‼︎でました。湯葉と海苔で魚もどき。コレは乳製品使用なのでビーガンではないです。おいしかったーー!添えてあるサラダにかけてある生姜と人参のすりおろしソースが凄く気に入った。

f:id:yuugataJoxaren:20180502183726j:image

 

豆腐が揚げてあってトゥルリトゥルリラ(ツルツルしてるの意)の食感。厚揚げとは違う舌触り。ベジミートは平べったいやつとひき肉タイプの2種類が入ってました。これもご飯がススム系でおいしかった。

f:id:yuugataJoxaren:20180502184002j:image

台湾素食はフェイクミートの使い方が多用で、美味しいし面白いから好きだ。

自分の後ろの席で、インド系のカップルらしきかた達がなんども美味しいねーーっ!って連呼してて自分もそーだよねーーっ!って思った。

食べ終えて会計するときに以前のお店で販売していた鳳梨酥(おんらいそー、ふぉんりんすー、パイナップルケーキ)をこちらでも販売なさってるか質問してみた。販売してるけれど、今日は売り切れとのこと。次回来た時にあったら買おうと思った。あれはうまいんだよな。

 

食後は錦糸公園を歩き、再び有楽町に戻って法話と砂曼荼羅の解説を聴いた。砂をさらさら落としてシャーベットトーンの色あいになってる絵の部分はため息が出るくらいきれいだった。これでもまだ制作途中なんだから完成したらどんなになるんだろうとワクワクした。

そして、儀式が終わったらサーッ‼︎って絵を壊すのも、個人的には好ましく感じる。

 

当たり前だけど砂は単体ではとっても細かい。

大きな鉱物を洗って砕いて色付けして、道具も含めて加持して、下絵を描いたボードの上にパラパラと配置していく。

小ちゃな粒が、綺麗な模様で何かを表現するものに変化する。

大きなゴロゴロした鉱物だったものが、いろんな過程を通過するごとに呼ばれかたも変化して、儀式が終わったら模様も色も、全て混ざりあった砂と呼ばれるものになる。

人の体を構築してる細胞とか、成分とかも、形や呼ばれかたがかわるだけで、みんなだいたい粒々のなにかなんだよな。と、自分の体もそれでできてるし、そうなる。って思うと、砂曼荼羅の見え方がまた変化する。

 

帰宅して夕方に和菓子屋仙太郎さんで柏餅を買った。白みそあん。餅、柏の葉っぱ、餡子でこのような形だとたいていは、「柏餅」って認識になる!面白い。

f:id:yuugataJoxaren:20180502192250j:image