ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

イニシャルK

神保町で開催する東京気塾に行ってきた。向かう電車の中で内丹法陽の氣発電→退陰符→陰の呼吸→文息を3セットやった。

神保町会場に向かう途中、ちょうどコンビニから出てくる木村先生と合流した。今回は12時から入室できたから、生徒さんたちが集まってくる前の静かな時間に木村先生に、幸田露伴道教周易参同契について話した。

 

13時に近づくにつれてレギュラー参加者の皆さんも集まってこられたのでペアを組んでトンレンの練習開始。

その合間に自分は初参加者のかたの木村先生施術をガン見して勉強する。

煉氣波(れんきは・ビバ)と煉氣球(れんききゅう・爆弾)でゴリゴリと気脈の詰まりを取ってく。

右手を2番チャクラのお腹の前にかざしてもらって、ご自身で呼吸法をしてもらう。自家発電した氣がお腹から出ているの右手で受け、びっくりしながらも笑顔になってる。

先生の施術を済ませて少し休憩取ってもらってからは、ゆうがたヨクサルと一緒に呼吸法練習とトンレンのやり方を説明した。

このかたは現在スポーツをなさっておられて、講師として今後指導する立場になるため勉強中。色々と必要なことを調べて行く中で「呼吸」というものの大切さを改めて感じておられるようだった。

スポーツをするときの身体やメンタルのどんな場面で、どんな呼吸のしかたをするといいかとか、トンレンで相手や気配を読み取ること、その活用法も説明するとすぐに共感して下さった。何よりもご自身の氣に対する興味、面白い!って感じて下さってるのが伝わってきてよかった。その後は他の生徒さんがたの気質の違いなどにも触れてもらうため、トンレンの練習に加わってもらった。

 

谷山教室の生徒さんのKさんが到着して、たまたま近くにいた自分と話す機会があった。トンレンで得た相手の氣の体感、情報から、何を感じて、どんな行動に移せるか。自分の経験を踏まえて話した。Kさんご自身は、まだ遠慮とゆーか自信のなさみたいなのがあるけれど、今日話したから、そのうちスッと行動に移せるタイミングっつーものが起きますから大丈夫ですよー。って話した。「立ち話トンレン」みたいになって面白かった。

 

メンバーの足りないところにちょこちょこ加わってトンレン練習をしたりしなかったりの後半に、仕事の都合で遅れて参加した仙台のKさんがいらした。せっかくだからと、短い時間ながらも自分とトンレンさせてもらうことになった。

ひどく疲れておられるようだったので、Kさんには何もしないで休んでもらい、自分が氣を送る。呼吸法で発電して、まずはKさんの体内を満たす。次第に頭部までパンパンに一杯になったのをトレースで確認しつつ今度は退陰符でお腹に降ろす。下に下に氣を下げて落ち着いた状態、氣の波の荒さ(テンションの高さ・高揚感)を鎮めてく。その後に疲れケアのために地面から氣をぐんぐん足に流すようにした。

ひと通り済ませてからKさんという、今日初めてお会いしたこのかたの氣の情報を集めていく。四番チャクラの胸の奥に、悔し泣きしたくて我慢してる、頑張った状態が見つかった。

あ〜っ!今日、このかたはほんとめちゃくちゃ頑張ったんだなぁ!ってわかる。踏んだり蹴ったりな対応されて、バタバタして、もがいて、楽しみにしてた気塾も殆ど参加できなくて。分かるよ〜っ!もし、ここがおでん屋台だったら大根でも餅きんちゃくでも、なんでも奢るよ!お酒注ぐよ!ってなる。それともアボカド食うか〜?パフェにしようか〜っ?好きなアロマのバスボム何個でも選べ〜!って感じになる。あーっ!このかたを癒してさしあげたい…ってなる。

側で見てた忠臣さんが突っ込みを入れてくる。「ゆうがたヨクサル涙目になってる」と。Kさんの悔しい気持ちが自分にトレースされているから。

 

Kさんから質問などを受けながらトンレンでトレースを続ける。話すたびに胸のところがジーン、ジーンと訴えてくる。自分は、目の前で話している表層のKさんと、本心の両方を相手してるように感じた。そんなKさんには「散気」「退陰符するときに意志込める」「3番チャクラ強化期間あるある話」など、少しでも楽になるやりかたを話した。

 

(イニシャルで言うとKというかたが多過ぎて、誰が誰やらって感じなんだけど)神奈川県の大和市からお越しのKさんに、練習が始まる前の時間に、今度の連休に開催かれ自分が楽しみにしているチベットフェスティバルについて熱く語った。さっきまであんなに前のめりで熱弁していたゆうがたヨクサルなのに、Kさんとトンレンの練習をしたときは「冷たいwなんかクール!」って感想をもらった。なんだこの温度差。

 

いつもより1時間多く会場にいたけど、あっとゆー間に終了時間になった。参加してくださった皆様、ありがとうございました。

朝から殆ど食事してなかったので横浜で野菜多めのビュッフェをサクッと食べて、早々に帰宅。

f:id:yuugataJoxaren:20180415212700j:image

人参のポタージュが美味しかった。