ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

あくび

呼吸法の練習をしながらとか、体内の氣の内圧が充分にあるときだとかに、ふと周りの人に視線がいくと、その人はあくびをなさる。

 

たまたま、そのかたがあくびをする瞬間に自分が視線をやったのかもしれないけれど、高確率であくびをなさる。

 

あくびは頭の酸素を補うためだとか、耳の圧力を抜くためだとか、体温調節するためだとか、いろいろな説があるようだけれど、深呼吸の仲間だよな。

 

自分の向けた視線から、トンレンの状態になったのだとして、その場合相手の意識レベル(起きてるときの覚醒具合)が自分よりも高いときにとこうなる。

つまり自分は相手の方よりも意識レベルにおいて低いからそうなる。超眠いんだよ、って訳でもなくほど良い程度にリラックスしてるから、相手へ流れ込む。

もし、自分が苛ついていたり、不快な気分のまままだったり、落ち着いていなければ、当然相手をリラックスさせたり眠らせることなんかできない。

 

あなたのリラックしているときの気分は、どんな感じでしょうか。