ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

振り子の位置

一昨日は職場の忘年会で自分は幹事をした。

人数はそれほど集まらなかったけれど、当日は会場のメニューや雰囲気を気に入って貰えて評判はよかったし、普段の皆んなの印象とは違う表情やリアクションを見せてもらえて面白かった。

 

多分、自分が「忘年会と大掃除、ちゃんと今年はやりましょうよ!」と声を上げなかったら、例年通り掃除も飲み会もなく、対応に追われた仕事をするだけで今年も終わってたと思う。

個人的には、そのまま例年通り平凡に一日が終わっても、それはそれで構わなかったんだけど、誰かの一日がメリハリついてウキウキしたり、たのしみに思って過ごしてもらえたのが、よーし。って感じる。

でも、自分自身がそれで楽しめたか?と言われるとそうではない。ここら辺の感覚は、何年も前から抱いてるんだけど、周りが楽しめてるのは嬉しいけど、自分はたいして楽しくないことって、ある。けっこうある。嫌なわけではない。ただ自分自身が楽しいと感じる位置にいないだけだ。振り子が大きく揺れないだけだ。

 

 

今日はおやつにシナモンペーストを巻いたスコーンを作った。寒くなるとシナモン系のお菓子が食べたくなる。

f:id:yuugataJoxaren:20171230204130j:image

ココナッツファインと国産薄力粉と強力粉、ベーキングパウダー、塩を混ぜて、オリーブオイルを入れてそぼろ状にしたら、豆乳を加えてスコーン生地を作る。

麺棒で伸ばしてシナモンパウダーと甜菜糖ナツメグパウダーを振りかけてくるくる巻いてカットしてオーブンで焼く。

刻んだ煮りんごとか胡桃とか、チョコレートペーストを入れても良さそうだ。

 

休みの間は、お菓子作りで遊ぼうと思ってるけど、これも何年か前より感情の振り子の動きが鈍くなってきてる。