ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

はんなり気塾

神戸元町で開催される「大阪気塾」に参加してきた。新横浜駅から新幹線に乗って、11:41に元町駅に到着した。

 

行きの電車の中で、外の風景を眺めながら呼吸法の練習をした。名古屋を過ぎて、長良川を超えた辺りから足もとと窓側からザワザワと気配がしてくる。遠くには大きな山々が見えてきて、木々はモフモフとしげり、紅葉がところどころ見える。とても綺麗だった。

 

元町駅で木村先生と廣瀬教室の廣瀬さん、大先輩のみーさんと合流して会場入りする前にお茶を飲んだ。

自分が今回参加した主な目的は、ずっと先の段階を修得中である女性のみーさんの氣質と、彼女のブログに書いてあった体感について質問することだった。

廣瀬さんには誘導瞑想や内観について、精度や体感の現れ方について聴いてみたかった。

 

会場の県民会館について始まってから、木村先生が「なにか質問や聞きたいこと、ありますかー?」って講義のネタのリクエストをたずねておられた。が、皆さん遠慮なさっておられるのか、シーンとしてる。

じゃあないなら、瞑想について話しましょうか?って始まった。やったね!ちょうどいいネタだぞ。

 

講義の後は休憩を挟んで、参加者さん達とトンレンの練習をした。

仲代達矢さんのようなクリッとした目元の、iさんとトンレンをする。先ずは自己紹介の意味も兼ねて自分の氣を軽ーく右手のひらから左手に通す。「圧と重みでズッシリきます。」と感想を述べて下さった。お、おう。ズッシリか。もっと軽くすればよかったかな。

次は先日の運慶展の矜羯羅童子を鑑賞したときの気持ちを送った。

何かを考えるとき用に氣の内圧を調節して下から頭頂まで芯を作ったところとか、相手を受け入れてる状態とか拒否してる状態などパターンを変えて送る。

 

交替して今度はiさんが氣を送って下さった。

受ける手のひらには細かくて柔らかな氣がサワサワと当たる。自分の表情が勝手にニコニコし出して何やら楽しそうとゆーか、少年が何かを見つけてわーい。って嬉しくなってる感じがした。

iさんは先日、自動車で山を走ってるおられたそうで、ヘアピンカーブを過ぎた先で一瞬だけ見た紅葉がとても綺麗だったと。山並みがいちめん真っ黄色で、とても見事で、そのことを思い出しながら呼吸法しました。と教えて下さった。

自分には映像は感じられなかったけれど、iさんがそのとき、その一瞬だけの紅葉を見てどれ程嬉しくて楽しかったのか。が体感としてわかった。目の前に座っていらっしゃるiさんは年配の男性で、ジェントルなかんじだけど、トンレンで受ける氣の印象は、10歳くらいのキッズだった。おお〜、楽しかったんですね!ええ、楽しかったですよ。と話す。

その後も京都で開催された国宝展のことや、武当山の動画を見たときに手のひらがビリビリしてビックリしちゃって動画見るのやめた話とか色々話して下さった。

自分たちの隣では、みーさんともう1人の生徒さんがトンレンをなさっておられたんだけど、トンレンや話を面白がる自分の氣がだだ漏れだったらしく、「こっちの方までバンバンきてる〜w」と邪魔してしまった。す、すみませんでした(>_<)

気付けばもう1時間も経っていた。

 

次はみーさんにお願いして氣を送ってもらった。氣の粘度の高さと鋭さにうおー、と唸る。

右手から腕にかけて、ズビズバ入ってくる氣を、久しぶりに「痛い!痛い‼︎」って感じた。

こんなに練りが効いて静かで鋭いやつは、東京気塾では経験してない。それをニコニコしながら呼吸も殆どせずに発してるみーさんを凄いなぁ。と思った。

で、これぐらいの氣質になってると何がいいのか?とゆーと、解が速くなること。躊躇なく答えを複数のなかから選べる。いや、複数のなかから「選ぶ」ことすらなくなり、選ばずとも手につかんだのがそもそも答えとゆーか。あー、コレは薄々、自分も感じてるんだよな。

 

「でもそれはたまたま手に取ったやつが答えだったんじゃないの?」って突っ込まれたら「そうだねぇ、たまたまかもしれないねぇ。」と今はまだ言うこともあるけど、みーさんの氣質をトンレンさせて貰ったら、最近の現象の違和感や言葉で表せない微細な感覚、部分について腑に落ちたとゆーか、なるほどねー。と参考になった。

 

廣瀬さんとのトンレンは、フツーにお互いのやつを循環しましょう。と決めてやったんだけど、どうやら皆さんとトンレンの練習出来るのがよほど嬉しかったみたいで、4番が騒がしい。

すまし顔でスーンとトンレンしていても、心の中はウキャウキャ喜んでるもんだから、廣瀬さんにも感染してしまい「僕まで笑いがこみ上げてきちゃいますよ。」とニコニコなさっている。ま、またか。すみません(>_<)

誘導瞑想や内観時の精度について語らううちに、木村先生との対面施術の番になり、これまた久しぶりに木村先生とトンレンし、今後の自分の動向と考えかたについてアドバイスを受ける。

 

「まだまだ、世の中には自分の知らないことだらけ」

 

今以上にどんどん色んなことに興味持ってくうちに、必然な出逢いや言動が生じ、学びになってきますよー。って内容だった。

時間目一杯まで話して、終了して会場の片付けをして、皆さんとお別れの挨拶をしてからそのまま新神戸駅へ地下鉄で向かった。

 

今夜の新神戸駅、新幹線の窓口はとても混んでいた。指定席がどれもこれも満席だ。この調子だと自由席も座れそうもないので、グリーン車なるものに初めて乗った。自分なんぞには贅沢なかんじだけど、横浜まで帰るには仕方がない。(また暫くは慎ましく生活します)

ホームで待ってるとき、出張帰りふうのサラリーマン2名が「今日はやたらに混んでますね!」と話していた。

f:id:yuugataJoxaren:20171126202701j:image

↑乗務員の綺麗なお姉さんがおしぼりをくれました。ほー!グリーン車って、おしぼりがあるのか!

 

まだまだ知らないことばかりだなぁ。