ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

割るやつ持ってる

先週の東京気塾で忠臣さんが銀杏をくださった。忠臣さんのお父さんが毎年、銀杏の時期になると拾って集めてくるそうなので、おすそ分けしてくださった。

 フライパンで乾煎りして食べるのもいいけど、今回のはちょっとずつ使えるように保存する。

f:id:yuugataJoxaren:20171119163549j:image

↑先ずは銀杏の殻をむいた。

白くてV字のやつは、銀杏や梅干しの種、胡桃なんかの堅い殻を簡単にバキバキ割ってくれる道具。

(以前に銀杏もらったとき、この道具を持ってることを忠臣さんがお父さんに話したら「殻を割るやつ持ってるほどにギンナン好きなのか!なら、持ってってやれ。」と言われたけど、ふつーにどの家にもあると思ってた)

 

殻を剥いたら薄皮のついたままお湯で2、3分くらいゴロゴロ転がす。それから薄皮を指で剥がした。

f:id:yuugataJoxaren:20171119165031j:image

茹でると鮮やかな翡翠色になった。画像よりも実物の方がもっと緑色に光ってる。味見したら少しほろ苦くてモチモチで旨かった。(忠臣さんのお父さん、ありがとうございました)

ぎんなんご飯にしたり、炒め物に使えるように保存袋に入れて冷凍した。

 

午後はりんごを使ったおやつが食べたかったので、ホットビスケットの生地をパイ皿に敷いて焼いた。

f:id:yuugataJoxaren:20171119170206j:image

中身には、りんごにシナモンと甜菜糖、レモン汁を混ぜてココナッツオイルで炒めたものにドライプルーンを加えたもの。

塩を効かしたホットビスケットの生地をパイ皿に敷いて、炒めた具を詰めて、ホットビスケットの生地をパイみたいに伸ばして成形、表面に豆乳を塗ってから焼き上げてある。

冷めてもうまいが焼きたての熱いのを食べると甘酸っぱくておいしい。