ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

おちつけ

さっきまで木村先生との遠隔レッスンを受けていた。

たいていは、いま習ってる呼吸法を一緒にやりながら、自分の氣の内圧の変化や意識レベルの状態をチェックしながらやる。

ほかの生徒さんの遠隔レッスンが、どんな感じなのかはよくわからないけど、自分の場合は退陰符をするとき、ガーッと意識が下がってくし、手と足もと周りの氣の厚みが増してくる感じがする。

木村先生が、向こうで氣をどんどん下げるの手伝ってくれてるから、こんなふうに体感があるのだ。

 

この、意識レベルの下がる感じとか、体の部位によって氣の厚みが違う感覚だとかをよーく覚えておく。

瞑想したいときは、意識レベルを調整する必要があるから、呼吸法で下げてく。

手や足に、重たいような、ピリピリしたような、あったかいような氣の厚みが増してくると、リラックスできるし、スッと安定した気持ちになる。この状態で寝るのはすごくいい。

 

毎回のレッスンのときには必ず行う退陰符だから、今日はあんまり上手に出来なかったな。とか、今日はかなり意識が下がったなぁ。とか、なんで今日は出来なかったのか?なんで今日はうまく下がったのか?データを集められる。

 

呼吸法ってのは、発電するやつが一番目立つし、やってるぞ感もあるからどんどんやっちゃうんだけど、実際は退陰符だとかのように下げて調整ができること、あたりまえのことだけどすごく重要。

自分がいま、どんな状態で、どんなふうに変えていきたいのか、どうなりたいのか。に合わせて、使いこなしていくためには、大切なことだよ。

 

空回りとか、ガチャガチャしてるっぽいときは、退陰符、内観瞑想、ちゃんとできてるか?をチェックする。