ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

惹きつけるものたち

代々木公園から渋谷駅に歩いて、銀座線に乗って、日本橋三越の隣にある三井記念美術館で開催してる特別展「驚異の超絶技巧」を観にいった。明治の工芸品が沢山展示されている。


江戸時代と明治時代ってのは、自分の居るいまから見れば、どちらも昔のことだけど、明治時代ってのは、今の時代に繋がってる感覚が濃い。
開国したり、文化や決まりごとが大きく変化するなかで、職人の技とセンスがいっぱいに詰まった工芸品が海外に渡って、再び日本に戻ってきた。自分の好きな正阿弥勝義さんの作品がまた目の前で観れたのが嬉しかった。
図録を買いました↓

f:id:yuugataJoxaren:20171021210054j:image
彼の晩年の作品である蝶図花瓶を観た時、感動して涙がでてきた。
凄まじい技術なのにこわくない。静かで人懐っこくて、厳しさと優しさと、淋しさと暖かさが、花瓶の形をとってスッとそこにある。
なんでかなぁ、羨ましいなぁ。

以前も三井記念美術館で同じ展覧会があったときは、忠臣さんと一緒に観た。忠臣さんは専門学校で七宝焼きを学んでいたから色々と作り方を教えて貰った。極細のテープ状の金線を模様の枠に立てていって、そこに釉薬をふりかけて、高温で焼くとピカピカしたエナメルのような鮮やかな色ができるんだと。
並河靖之さんの七宝焼きの黒が、凄いんですよ、ナミカワブラックと呼ばれて、真似のできない黒を出しちゃうんです。
ってのを思い出しながら並河靖之さんの壺を観た。小さくて可愛らしくキュッと詰まってる。
蝶や花や渦巻き模様とか、それぞれの色が違うのに、どこから見ても凄くいい。ごちゃごちゃしてるのに少しも嫌じゃない。そこに深くて鮮やかな黒が入ってキュッとひとつにまとまって艶々してる。まるで凄くいいお姉さん見てるみたいだった。壺だけど。

あんまり小さくて可愛らしいから、もっと近くで観たい気持ちになる。
そんで、気持ちが無意識に行動で出てしまうのか、会場のそこかしこから「ゴン!」 とか「ボン!」だとか鈍い音が聴こえてくる。
展示されてるガラスのところに頭をぶつけてしまうのだ。あー、わかるよ、前回自分もぶつけちゃったからな(今回、単眼鏡を買おうと決めた)。
仲間と連れ立って鑑賞してる人たちは、スッと気持ちをお互いに呟いてまた作品に見惚れる。もっと観たい!って頭ぶつけるとか、つい言葉に出しちゃうだとか、我を忘れて惹きつけるものをつくったのが、むかし実際に生きていた職人さんなのが凄い。

 

展覧会のあとは日本橋から東京駅まで歩いた。時計をみたら16時だった。朝、豆乳飲んでベジフェスでリンゴの試食を食べただけなのでお腹はペコペコだ。八重洲地下街にあるエリックサウスさんでカレーを食べに行った。

(東京駅から行くなら、八重洲地下街のJR改札を出てグリコとかのお菓子のお土産やさんとダイマルのある道を通り過ぎて、案内所のあるメイン通路をそのまま真っ直ぐ歩けば、右手に神戸屋のパン屋さんがあって、もっと右奥にタカキューさんとかのある、「八重洲地下2番通り」になって、そこをずんずん歩いてマツキヨとかフランクリンプランナーだとかまで来ればしめたもので、あとは真っ直ぐ歩いてればエリックサウスさんからスパイスの香りしてきます。わかりましたか、ナカジさん)

f:id:yuugataJoxaren:20171021210429j:image

↑まだ時期には早いかな、と思ったけど単品メニューにあったから頼んだアルゴビ。スパイスの効いたカリフラワー。

f:id:yuugataJoxaren:20171021210726j:image

↑カリフラワーに続いて運ばれてきて、腹ペコでそのままうっかり食べ始めてしまった。食べかけの画像で申し訳ないがいつもの菜食ミールス。辛い、甘い、豆の3種類のカレーがセットになってる。ヨーグルトかサラダのどちらかを選べます。

自分は甘いカレーを黄色いほうのご飯にかけて、酸っぱくて美味しいラッサムスープを長細い白いご飯にかけて食べるのが好き。最終的には全部混ぜて食べる。

 

雨の中歩いて冷えた体でカレーを食べると、体がポカポカしてくる。このポカポカに満たされた状態のまま、ポヤーンとなりつつ東海道線に乗って横浜に帰るのが好きだ。

今日は朝から晩まで、それぞれ思うところがあっていい休日になった。