ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

言葉と意味

昨日は職場に海外からお客様が視察にいらした。

自分がやってる業務について説明したり、実際にやってる所を見てもらったり、こちらから質問したかったことを話したりを、日本語、英語、時々中国語などに訳されて戻ってきたりするところは、トンレンみたいだなぁー。と面白くなった。言葉が訳されてく途中の雰囲気とか、意味が伝わる瞬間の「ああ〜、そうなんだー、なるほど〜。」ってなる感じは、やっぱりトンレンみたいだな。

 

海外のお客様と同行なさってたかたから「ゆうがたヨクサルさんは、海外旅行とか行ったりするんですかー?」って突然質問された。

むかしオランダとベルギー、ハワイ旅行しましたよ。と答えた。「中国とか興味ありますかー?」の質問に対して「中国、いいですねー、きこうとかふーどはどんな感じかなー⁉︎って思ったりします。」と答えた。

 

あー、いいですねー。と和やかに会話したけどさ、自分が言ったのが本当は、気功とベジフードで、且つ大陸の場の気配はどんな感じかトンレンしてみたいだってことだとは思わないよな、サラッと言っちゃったけど。