ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

笑えるときと笑えないとき

余裕、ストックがあればゆっくり笑える。

だから余裕、ストックを作るために考えて行動して作る。その過程の中で、自分は笑ってる。

まだ余裕、ストックはなくても笑ってる。

 

やがて余裕ができて、作れたな〜、できたな〜。ってまた笑う。周りの人たちと笑う。

 

今日の昼までは、確かにそこに、余裕とストックはあったのに、丸ごとごっそり持ってかれて、ゼロならまだしも、マイナスになってもーた。

悔しくて失望と哀しみが自分に覆い被さって、じゃあ、もっかい作るしかないねぇ。って始めるけども、心の中でくすぶる。

抑えて、なだめて、とにかく始めようとしてるんだけど、自分が未熟なせいもあり、笑えない。

うん。笑えないねぇ。

 

でも、ちょっと視点をずらすとゆーか、俯瞰してみると、笑えない自分と、そうでない自分と、それを見て気遣ってくれて、何かできることないかなって寄り添ってくれる人たちがいる。

 

あら、コレは昔の自分には分からなかったこと。

 

あらあら、待てよコレって、本当はずっとずっと昔から、そーだったんじゃないのか?って思い返してみると、なんだか涙が出てくる。

いつもとは違うぞ?ゆうがたヨクサルがざわついてるのはまずいぞ。って感じて、今迄と違って一歩踏み出して、一緒に踏ん張ってくれてる人がいる。

 

あらあら、そんな、自分なんかになんで手伝ってくれてるんだろう?って思う。

でも、もしかしたらだけども、自覚はなかったけども、自分も誰かがそーゆーふうだったときに、手伝っていたのかも知れない。

お互いに繰り返して今の関係があるのかなぁ。

笑えないのに嬉しくて泣けてくる。

 

多分、明日からは、自分はまた作りながら笑ってると思う。