ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

今日のおやつはプルプル

冷んやりしたケーキが食べたかったので、ラズベリーソース、豆乳クリーム、ココアフィリングを重ねたココアスポンジのケーキを作った。

今日は薄曇りでそんなに暑くないから作りやすかったよ。

 

f:id:yuugataJoxaren:20170723154507j:image

国産薄力粉と強力粉とココアパウダー、ベーキングパウダー、塩、豆乳、オリーブ油、バニラエキストラクトで甘味なしのココアスポンジケーキを焼く。

焼き上がり表面にはレモンシロップを打って冷ます(乾燥防止)。二枚になるように薄く横にカットする。

 

粉寒天と片栗粉、てん菜糖、ココアパウダー、ココナッツオイル、豆乳を混ぜて炊いてラム酒も足してフィリングを作って、ちょっと冷めてからスポンジケーキの上に流して冷蔵庫で一旦冷やす。

 

豆乳、ココナッツオイル、てん菜糖、メープルシロップ、バニラエキストラクト、粉寒天と片栗粉を混ぜて炊いてゆるめのカスタードっぽいクリームを作る。ちょっと冷めたらケーキの上にながして、潰したラズベリーソースをマーブル状になるようにグルグルやってまた冷蔵庫で冷やす。冷蔵ならプルプルだけど、冷凍したやつを半解凍で食べてもいい。

 

最初はココアスポンジケーキをフィリングとクリームの間にも重ねようと思ったけど、層が厚くなって、型からはみ出しそうになるからやめた。余ったスポンジケーキはラップに包んで冷凍庫にしまっておけば、ティラミスとか他のおやつに使える。

 

ココアスポンジケーキはしっとりしていて、ココアフィリングはムッチリ固めで、ラズベリーソースと豆乳クリームがプルプルなので、口の中で全部が混ざると予想以上にうまかった。

 

バニラエキストラクトとゆーのは、バニラエッセンスとは違い、一度に使用する分量が結構多い。そして市販のものは結構いい値段がする。

自分の場合は買ってきたウォッカの瓶に、直接有機バニラビーンズのさやに切り込みいれたやつを何本か漬けてる。買ってきた酒とバニラビーンズを一緒に合わせるだけだ。

f:id:yuugataJoxaren:20170723151909j:image

だいだい1〜2ヶ月くらい過ぎてくるとウォッカにバニラビーンズの色と香りが移ってくるから使える。この画像のやつは去年の5月に漬け込んでおいたもの。

 

スポンジケーキ焼いたり、アイスやカスタードっぽい豆乳クリームを作るとき、このバニラエキストラクトを使うと立体的な味わいになるとゆーか、植物性の材料だけでも物足りない感じがしないのでおすすめです。