ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

練習というより趣味にちかい

・出かけてない日曜の夕方は、大抵いつも呼吸法の練習をする。

変化してく空の色を眺めながら呼吸法したりチャンダリーや瞑想できる。それをしてる時が好きだ。

f:id:yuugataJoxaren:20170717202427j:image

練習しないときでも、隣家の灯りや鳥の寝支度や自動車の音、人の暮らしと重ねながら暗くなってくる空の景色を眺めるのも好きだ。

このぐらいの季節なんかだと、夕立ちや遠くの空の雷なんかも観れたりするからダイナミックで凄く楽しい。

ずっとずっと昔から毎日必ず空があるのに、空というのはうんざりしないなぁ。

ずっとずっと昔から地面に足がくっ付いてるけど、コレもうんざりしないなぁ。

 

・トンレンの練習をするとき、対象を色々と変えたりすることがあるんだけども、地面にトンレンする時と、空にトンレンする時とがある(←いや、こーゆーこと書くとドン引くのは分かってるけども、でもほら、ゆうがたヨクサルはいつもヒマだから!)

 

もっというと、地面と空を含めて、それ含めたもっと広い空間にフォーカスしてトンレンすることもある。

まず自分→自分とすぐ近くの周辺→近くの空の一角→地面や地域一帯含めた空間→空も含め意識できるところまで広げる→とかやってるとどんどん体感が変化してくる。

途中で途切れちゃうこともあるけど、コレはほんとに面白い。意識してるとこまでの体積がみっしり詰まってる感じがするし、丁度いい塩梅で包まれてるようでもあるし、愛おしくもある。