ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

かき氷久しぶりに食べた

上野恩賜公園の、竹の台広場で今日と明日の17日、二日間開催する「第2回グリーンフードフェスタ」に行ってきた。このイベントでの商品は、全て植物性、動物由来の原材料不使用です。

f:id:yuugataJoxaren:20170716171156j:image

職場の同僚でベジに興味を持ってくれてる人がいるんだけど、今日行くから会うかもね〜。とメールが届いた。ベジメニューを食べる為だけに、横浜から上野まで出向くんだし、せっかくだから現地で合流した。

 

ベジメニューのインドカレー、ベジのハンバーガー、ベジの焼きそば、ベジの串物、ベジの揚げ物、ベジの…(←しつこい)ってくらい、ファストフードっぽいメニューが並ぶ。

パンや酵素ドリンク、スイーツ、台湾素食、加工食品、夏っぽく、ビールやカクテルやかき氷やレモネードのお店も多かった。書籍やベジタリアンの情報についてのブースもある。

普通に、上野の観光や美術館や動物園にきた人たちがベジフードとは気付かないで買ってベンチで食べてる人もいる。むしろそっちの方が多いと思うし、こーゆーのもあるんだね。と知ってもらうのにいい機会だと思う。

 

合流した職場の同僚はモヒートと「コシャリ」を買っていた。コシャリというのはエジプトで人気のある食べ物らしく、どんな味なのか興味があったそうだ。

f:id:yuugataJoxaren:20170716182513j:image

左上のトマトソースっぽいやつが「コシャリ」。米とマカロニと豆とフライドオニオンにスパイスの効いたトマトソースがかけてある。でんぷん炭水化物祭りか。っていう味がしたそうです。

自分はベジの餃子、混ぜそばを買ってみた。蒸した中華麺に、豆腐の煮たやつと香味野菜(長葱、韮、にんにくチップ)、ガツンと濃厚な甘辛いタレがかけてある。ひと口目から美味しい味はするし、ビールには合うけども濃いなー。あとやっぱり五葷的な薬味は自分には刺激が強いなー。(←じゃあなんで食べたんだよ。と突っ込まれても仕方ないんだけど、どんな感じか食べて見たかったんだよ。夏だし)

 

暑かったから、「下町すみだ地ビールのヴィルゴビール」さんのミニサイズビール四種類飲み比べセットも買う。

ビールを注文して待ってる時に、そのブースではそうめんを使ったメニューも販売してたんだけど、奥で食材を用意なさっていた女性に見覚えがあった。んー?もしやあのかたは錦糸町にあった台湾素食のお店の、苓々菜館(りんりんさいかん)さんのお母さんではないだろうか?とぼーっと眺めていたら視線に気付いたようで会釈して下さった。とてもチャーミング。お母さんの作る素食のパイナップルケーキもお惣菜も美味いんだよな。閉店なさったけどまた食べたいなぁ。と思いながらお辞儀した。(←人違いだったらどうしよう。まあ、いいか。)

 

f:id:yuugataJoxaren:20170716184008j:image

グルテンから作られたベジのフライドチキンもどき。ハーブの使いかた上手だなぁ。と思った。

ベジミートはグルテンや大豆たんぱくなど、茹でたり蒸したり乾燥させたりと色んなタイプがある。場合によっては独特のクセとゆーか風味があるから、苦手だって言う方もいる。でも下ごしらえをしっかり行うとクセも抜けて食べやすくなる。

自分は普段、肉っぽい惣菜を作ることは殆どなくて、時々、高野豆腐とか車麩で炒め物や煮込みに使う程度だから、たまにベジカフェやこーゆーイベントで食べると、丁寧だなぁ〜。と思う。

 

今回は、日差しを避けて食事を愉しめるように、屋根付きのテーブルと椅子の広場があって有り難かった。その正面のステージでパフォーマンスをする女の子達が歌って踊っていた。

食事を済ませて、加工食品や書籍ブースを見て回る。書籍ブースのノリのいいお姉さんの説明を聞きつつ、同僚は「コレなら自分でも作れそう」って菜食メニューのレシピ本を買っていた。決め手は「なんだかよく分からない名前とか、特別な材料が書いてないから。」だった。そーかぁ。そーだよな。 入り易さって、そーゆーことだよな。と思った。

 

喉が渇いたからラビングハットさんで台湾かき氷を買って噴水の近くで座って食べた。

暑いから氷があっとゆーまに溶けてくる。

f:id:yuugataJoxaren:20170716191120j:image

緑豆、はと麦、黒タピオカ、金時豆など、トッピングがいかにもアジア。身体にこもった熱を冷やしてくれたり、余分な水分を取ってくれたり疲労回復とかだっけ?とか薬膳っぽい効能が思い浮かぶ。優しい甘さでスルスル食べれる。そう言えばかき氷なんて久しぶりだった。暑さで汗だくの自分が、少しスーッと涼しくなってくる。

 

一緒にいた同僚と、帰りの電車の中で呼吸法とか氣の視点でみる日常とか、客観視してるときの自分の感覚などについて色々と話した。

そーゆーのを不思議そうに聞いてくれる彼女は、どんな風に思ったのかなぁ。

菜食も氣の練功法も、特別なことではなくて、日常生活の中に落とし込んでる自分を、彼女はどんな風に感じてるのかなぁ。

やっぱりマニアックなのかなぁ。面白いんだけどなぁ。まあいいか。