ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

沖縄のスナック菓子

先日の沖縄で開催した大阪・東京気塾合同イベント出店で、自分が「沖縄でスーパーとか寄ったときにコレあったら買ってきてー!」と忠臣さんにお願いしておいたお菓子があって、買ってきて下さった↓

f:id:yuugataJoxaren:20170709202630j:image
「天使のはね」というスナック菓子で、以前から気になりちょっと食べてみたかったのだ。

材料をみたら小麦粉、植物油、食塩、馬鈴薯でんぷんって表記してある。

想像してたよりサイズが大きい。A4サイズくらいあるのに30gしかない。でも袋にみっしり入ってる。
食べてみたら、壁や天井の断熱材にありそうな、モサモサのふわふわした食感。
麩菓子の白い部分のような、ポップコーンの白い部分だけを集めて食べてるような、口の中の水分を全てもってかれるような、炎天下の砂漠でコレ食べたら苦しいけど、映画館で映画見ながら食べるなら音もしなくていいかもしれない。

 

スナックと言えばサクサク、パリパリしたものに身体が慣れてるから、このお菓子を食べてると口の中と頭の中が「アレ?サクサク、パリパリしてない!でもなんか食べてるよね?」と混乱してくる。面白いお菓子だった。

忠臣さん、ありがとうございました。

広告を非表示にする