ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

げんせりえき

続きを書きます。

捻挫のため、Mさんの演武は拝見出来なかったけど、演武をなさる全国の方々をトンレンしたり観察するのはとても勉強になった。

九段下駅から武道館の敷地へ向かうに連れてサワサワした気配も増えるなぁとか、きれいに隙間なく合わさってる石垣を組んだ職人さん達を凄いなぁと想ったりだとか、歩いてるだけで面白い。

f:id:yuugataJoxaren:20170527220116j:image

 ↑大きな石がぴっちり積んである。

 

前回は、会場全体の雰囲気や、興味を引く気配にフォーカスしてたんだけど、今回は「手のどの部分をどんな角度で掴んで捻ると、相手の身体はこーゆー動きに自然となる」とか、「足運びに無駄がなくて、地に吸い付くような、滑らかに足を置くかたは体の軸もしっかりしていて美しいなぁ。」とか、技術的なことや身体の仕組み、などに興味が湧いた。

こーすると、こーなる。ってことが目の前で次々と起きる。

今やった動作が次の動作に繋がっていて、終わりは始まりになってる。面白い。

 

やがて会場全体の意識が、師範クラスのかたがたの演武に注がれると、氣の圧とゆーか質が変わってくる。こんなに大勢の人がいるのにシーンとしてくる。やっぱりコレ、凄くいいなぁ。途中からMさんと合流した。一緒に座り、学生の演武をみながら自分が質問しては実況解説して下さった。

 

武道館を出てからは、Mさんとお茶を飲んで捻挫の話とか近況を報告し合った。

思いがけず、ハートをキャッチするネタがあったようで、自分の話に前のめりに食いつき盛り上がるMさん。

夜から埼玉県に行く予定があるそうなんだけど、気付けば夜の19時だった。なんと。

慌てて電車に乗りつつ雑談していたら「ゆうがたヨクサルさんには、もっと現世利益を味わって欲しい。」と仰る。げん…現世利益ですか。日常会話でそんな単語出てくるとは思わなかったよ。

情熱家のMさんからみると自分は、一般の人が求める欲望に興味が無いように見えるそうだ。損してるとゆーか、もっと楽しんだらいいのに。ってことらしい。

いやー、充分楽しんでますよ。でも今はもうお腹一杯です。と言っても「いや、もっとです!ゆうがたヨクサルさんが情熱的になるとこ観てみたい!」とかグイグイくる。なんで?

 

4段目の呼吸法の練習とか、最近興味深かった現象について話したり、Mさんの視点や考え方を伺えて楽しかった。ありがとうございました。捻挫、早く治るといいですね。