読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

縦の瞑想

朝、電車の中でいつものように呼吸法の練習をした。

陰の呼吸法で②→⑥→逆退陰符を2セットやって、そのまま瞑想状態にシフトする。

テーマとして「今後の自分のふるまいについて」を選んで、意識をフラットにして待機していたら、検索を終えた4番の奥から情報が湧いてきた。

 

自分の場合は、視覚イメージで何かが見えるとかはほとんど無い。先ずは質感とか形、重さ、動きかたが目立つ箇所の情報を掴む。手でペタペタ触ったりもする。やってる事はトンレンと同じ。

今回、湧いてきた情報の塊は、感情も質感もヘヴィーだった。こんなのずっと掴んでたら「うーん、重くて動けない…」ってなるぞ。めんどくさいもん抱えてるなぁ。それにしてもテーマとコレがどう関係するのか分からない。もう少し観察(触診)した。

 

観察対象の形がだんだんハッキリしてきて、コレは誰かが瞑想して考えごとしてるんだな。とわかった。

アレ?「瞑想してるゆうがたヨクサル」をちょっと離れた上から、自分が観察してる…お、面白い。ややこしいけど、客観視できる位置ではある。

そして客観視してるほうの自分の隣にはアドバイザー(人とかではなく、形もない)もいて、コーチングの手法のように、ひとつずつ促してくれる。

じゃあ先ずは相手を知ることからはじめるか。

 

何を大事にしてきたか。

何を考えてきたのか。

何をしてきたのか。

それから、何に困ってるのか。なんで足がすくんでるのか。

 

ここで詳細は述べないけど、「直後のリアクションに反応しすぎてる。そこにこだわらなくていい」「あまのじゃく、虚実を見抜くこと」「もっと期間を設けて観察すること」「スッと動くやつで大丈夫だし、正解」ってのがわかった。

はあー、そーかぁ。アドバイザーもいるけれど、直接的で現実的なフォローができるのは自分だけだから、協力しないとな。

 

周りから見たら、電車の中でフツーに座って目を閉じて寝てる人って感じだけど、凄くいい時間だった。今朝の瞑想は今までの感覚とは違ってた。うまく説明できないけど、縦に空間と時間がある感じ。

職場のある駅に着いて、下車して歩いてるときも爽快で、何度も「なるほどねー!」と反すうした。

 

呼吸法で気力を発電して、質を高めて、正確に瞑想して、朝だろうが夜だろうが、使いたい時に使えるってのがいいんだよな。こーゆーの、自分の好みだ。