ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

どーせなら楽しく

昨晩は兵庫県尼崎市にお住いのNさんとskypeトンレンの練習をした。

Nさんは奥様と2人で「メオトdeオーラ」とゆー気功とオーラ視のワークをなさっておられる。

メオトdeオーラ - chakra-aura ページ!

f:id:yuugataJoxaren:20170401092859j:image

 

ゆうがたヨクサルが体験したときの記事はこちら↓

ゆうがたヨクサルの色彩 - ベジるビバる

 

急いで帰宅して、約束した練習の時間になるまでに、skypeアプリの入ってるiPhoneを充電しながら熱々のおじやをかっ込む。

準備して待機しながら呼吸法の練習をしてたら、何やら頭頂からリンリンとサインが入ってくる。独特の体感のあとに、4番チャクラが「わーっ!わーっ⁈」って慌ててる感じに騒がしくなる。なんだ?コレは。と、思った瞬間、Nさんから少し待ってて‼︎とメールが来た。

いったい向こうで何やってんだw

 

その後skypeを繋げてNさんに聞いみたら、直前にもよおしたのでトイレに行ったんだと教えてくれた。

そーか。コレばっかりは、トンレン視覚タイプじゃなくてよかったよ。

 

今回は、トンレンをするときのアプローチ、バリエーションと、質問から答えを述べるまでの間に起こる体感について検証しあった。

体感やサインとゆーのは、人によってそれぞれだから、得意なタイプはあっても「絶対コレ」ってやりかたはない。段階や状況次第で変化していくから、Nさんの場合は、こんな感じで。自分の場合は、こんな感じで。と、共通していることや違うことを確認していくことで、練習や実践の幅が広がる。

 

「最近はこんな事があって、こう思ったよ。だからコレをやろうと決めたよ。」と、ワクワクしながら話してくれるのを聴くのは面白いし勉強になった。

今日は職場の人たち半分くらいが有休をとっていたので、静かな室内で仕事をしながら色々と新しい工夫を考えた。

ちょっと試すつもりで、いつも開けっ放しの、職場のロッカールームのドアを閉めてみると、皆んなが動揺していた。

閉めていいの?開けとかなくていいの?と、何人もがきいてくる。

いい歳した大人たちが、ドア1枚で、こんな感じだから、これからもっと面白くなるぞ。

どーせ変えるなら楽しまないとな。