ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

トライアル会season1終了

横浜トライアル会を関内で開催した。

今回も東京氣塾の生徒さんであるMさんからトンレンの練習を申し込みいただいたので、予定の時間までの間は呼吸法したり、調べ物や座学の復習をしながら待機した。

 

Mさんは日常で新たな取り組みが始まっておられるようで、そのどれもが複数の人たちと関連しておりその人たちの想いもそれぞれだから「ややこしさ」を含み、ときにはご自身も呑み込まれそうになる場合があるようだった。

だから実践を通して冷静な陰の気質が活かされるらしく、どんな場面でその状態が現れるか?も体験やデータとして得ておられる。

 自分からみると出来ておられるのだが、ご自身にとっては、直感を使いながら効率の良い選択をしており結果は上々でも、無意識のうちにそれを終えてるので「達成感」や「こうするとこーなる」とゆー意識がわかない!とおっしゃる。

 なので今回の練習では、7番チャクラを使った時の体感や条件、どーしてそうなるのか?をトンレンしながらお互いに検証した。

トンレンを知らない方が見たら、2人の大人が椅子に座って、酒粕クッキー食べながらお茶飲んで、単に雑談してるだけなんたけど、実際はお互いの身体の中で変化する体感を確認したり、氣の量や意識レベルを調整しながら読み取りあってるのだ。

 

検証する際に、Mさんは合気道太極拳、茶道、能の鼓など武芸も学んでおられるからそこから得たものや、共通することなどをいつも教えてくださる。

1つを質問すると5個くらいの答えや視点が返ってくる。

話をしている間も、その時々で各チャクラが反応したり直感が降りてくる。相乗効果でどんどん練習が進む。面白いしとても勉強になった。Mさん、ありがとうございました。

 

練習の後は晩御飯を食べに横浜中華街にある「Short Trip」さんに行った。ベジのお店ではないけれど、好物のファラフェルがあるし、以前から気になってたからMさんをお誘いした。アジア、アフリカ、アラブなどの料理や雑貨のお店で、インテリアのディスプレイも色んな国の物が飾られている。

そんなディスプレイの1つに、マサイ族の人を描いた絵があった。何年か前に自分がアフリカのイベントで見たことのあるギャラリー「キスマサイ」とヘラ(キス)を使って描く手法の絵に似ていたのでお店のかたに聞いてみた。

この絵の作家さんもヘラを使っていたそうで、ペンキとグリースを混ぜたもので描くところも共通していた。この手法の絵をまた観れると思ってなかったから嬉しかった。

 

ビールの種類も豊富でお店の方が1つずつ説明して下さった。今回はベルギーのリンゴ味のビールを飲んだ。真ん中に置いてあるのはミャンマー製の栓抜きで、木彫りの板にネジ見たいな金具がついていて、そこに栓を引っ掛けてテコの原理で開ける。

f:id:yuugataJoxaren:20170306002211j:image

ひよこ豆のペーストと豆とスパイスの揚げ物、フムスとファラフェルをピタパンに添えて食べた。

f:id:yuugataJoxaren:20170306002654j:image

ミャンマーの「ラペットゥ」は茶葉を発酵させた野沢菜漬けみたいな味わいのと、カリカリに揚げた豆やらナッツや薬味とオイルを混ぜてあるおつまみ。(お店のかたに聞いてみるの忘れてしまったのですが、干しエビとか動物性食材も入ってると思います)アジアっぽい味がする。もう一回言います、アジアっぽい味がする。

f:id:yuugataJoxaren:20170306002853j:image

お店で販売している雑貨は、お店のかたやご友人たちが現地で買ったもので、1つずつ楽しそうに説明して下さった。それらを興味深く聴いて手に取るMさんも楽しそうだった。

ここにはトンレンしがいのある物が沢山置いてある。1つ1つにささやかな想い出(氣)が添えられているみたいで、好きな物に囲まれてる空間とゆーのは素敵だなぁと思った。

 

自分の気付かなかった未熟なところ、相手にとっては重要なヒントや手本になる事を提供できたこと、トライアル会を自分でやってみて色々と見えてきた。

「古式マスターヨーガの呼吸法」は自分に色んなことを教えてくれるなぁ。

トライアル会に参加下さった皆様、応援して下さった皆様、いつも記事を読んで下さる皆様、ありがとうございました。