読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

技術としての気力

危なっかしい。もう、何年もそんなことなかったのに、久しぶりに職場で激昂しかけた。

部屋中に、自分の氣が、ブワンブワンって膨らみ拡がって、波立ってる水面みたいにうねってるのが判った。(←これはこれでいい経験だった)

 

その場では2番チャクラまでひたすら氣を降ろして抑え込んだ。

それから場所を変えて静かに1人で熟考してる間は、7番チャクラの辺りがザワザワしてくる。

スッと自分のキャラが変化してくる。

妙案とか智慧を降ろせる状態とゆーか、賢い応援要員が自分の中に配置された感じとゆーか。

その後は、激昂しかけた原因の場所に行って、静かに2、3分話してまとまって解決した。

ハァ〜、よかった(*´-`)

 

自分があんな風に、陽の氣で相手を飲み込むとはなぁ。

自分があんな風に、陰の氣で相手に諭すとはなぁ。

これが気力かぁ(←今さら感)。いい使い方をしたなぁ。

 

一点集中の「集中力」を身につけよう!!(静動の切り替えに潜む力)5|古式マスターヨーガ「本当に使える《氣》の正体」