読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

位置を変えてみる

今日は自分の職場で、三年前に出産のため退職なさったかたとお話しする機会があった。

当時の自分は、古式マスターヨーガを学び始めた頃だったから、妊娠していた時期の、赤ちゃんがお腹の中にいるかたの氣を、毎日体感させて貰ったりした。

「赤ちゃんの陽の氣」とお母さんになった彼女の氣が、日を追うごとに活性化してくるのが判ってとても勉強になったものだ。凄い凄い、言って世の中のお母さんと赤ちゃんを尊敬したんだよな。

 

今はもういない、当時の上司は、人を見て極端に態度を変えるタイプだったから、数人のスタッフたちに陰険な言動をしていた。

彼女もまた、上司に振り回されては、いつも悔し泣きをして、ストレスはやがて上司への恐怖に変わり、いつもドキドキびくびく怯えるようになったそうだ。

ちなみに自分は入社して2ヶ月くらいで当時の上司の性質を掌握したから、ぐうの音も出ないくらいに丁寧に正当な理由でやり込めたことがある。
それ以来「ゆうがたヨクサルには気をつけろ!」と思ったのか、敵や奴隷ではなくむしろ味方として取り込もうとするのが見え見えで、そーゆーところも含めて「なんか気の毒なひとだなぁ。」と思ってた。

 

彼女は出産、育児と夜勤のバイトをしながら、当時のことを振り回ったときに「ずっと上司のことが怖くて仕方がなかったけれど、退職して、自分のいる位置を変えて見つめていたら、そこまで怯える事もないな。と気付いたよ。自分でそう思い込んでいたんだなぁ。」と話してくれた。

影響を受けて、飲み込まれて、自分で自身をコントロールできないとき、なにかを変えることで、別の自分や相手に気づけることがある。

彼女はそれを経験したんだなぁ。と思った。

 

来月から、こーゆー話を打ち明けてくれる彼女とまた一緒に働けることになり、とても嬉しい。