読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

テキストとムード

帰宅して晩ご飯を食べて片付けをして21時から木村先生の遠隔レッスンを受けた。

4段目の5番チャクラ強化も中盤を過ぎてきた。

最近の昼間の自主練中は、喉と首のあいだぐらいの所に圧迫感が常にある。氣の内圧が充分に胴体内にあるってことだ。

 

skypeで行なうレッスンのあいだは、木村先生が自分の体内に氣の内圧をかけてくれる。

自分でも陰の呼吸法をして発電するし、2番、4番、5番の各チャクラに氣を通す。

2番とか3番の頃はあまり感じなかったけど、5番まで立ち上げると自分の周りを毛布っぽい厚みのビニールで覆われてるような、外気とは遮断されるようなそんな感じになる。

ここまで立ち上がると、自分の意識に集中しやすい。それでいて周りを包んでるそれは透明だからいつでも意識を切り替えることもできるなぁ。

 

呼吸法のレッスンが終わってから、自分が気になりだしてる質問をした。

古式マスターヨーガにおけるチャクラや気脈やその他諸々の、形状や動きかたや体感について、これらは概念だから厳密な説明は難しい。

分かりやすくこの世的な表現を使っているけれど、やっぱり概念とゆーのは形が決まってる訳ではない。そー見えればそー見えるし、別の表現で言えば別の表現となる。

一定の形や表現に固執すると見えるものも見えなくなる。言葉は便利だけれど、やはり自分の中で感覚として「なるほどこれかぁ。」って掴むまでのテキストでしかない。そうでしかないけど、自分がこの世に生きてる限りは、答えに近づくには、必要なんだよなぁ。

 

ずっと初期の頃に木村先生に「概念ってなんですか?」って質問をしたことがある。

「なんとなくのムード。」

と教えてくださった。コレはホント、心底「ああ〜、そうだな。」って思った。