読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

パワー偏重

ちからにも、いろんな性質や方向性があるように思ってる。

感覚的な表現になってしまうが、魅力のある心地よいパワーと、そうでないもの、反対側の不快で避けたい質がある。

どちらのものでも、パワーには変わらないから、受け手の感じかたやなんかで印象も現象も違ってくるんだろうな。

 

自分が体験して、気を付けているのは、その量かな。って感じてる。

偏りは、場合によって変化をつけるには面白いんだけど、ずっとそれが続くってのは、どうも好みでない。

あるひとつの方向性だけをパワーだと思い込んでるのも、これまた感覚的な表現だけど野暮ったくてしらける。自分が覚えてる昔から今さっきまでを含めた周りの人たちを観察して、よくよく考えて、を繰り返せば分かってくるようなものだろう。

 

この頃は、もっと退陰符で内観することを意識する。