ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

トゥモって拾う

朝起きて、風呂入って、フツーに雑穀米のご飯を炊いて、根菜とわかめのお味噌汁を作って、生姜醤油に漬けた車麩に米粉をまぶして揚げ焼きして香味野菜ソースかけたオカズを用意してゆっくり昼ごはんを食べた。(画像撮るの忘れた)

アレだな、ざわつかずに食事を用意してゆっくり昼ごはん食べるのっていいな。

年末に買った本を読んだり、昨日の朝に作ったケーキを食べて、だらーっと怠惰を満喫してから夕方に呼吸法の練習をした。

 

内丹法で陽の氣を発電して全身を満たすあいだは、お世話になってる人々に新年の挨拶するみたいに1人ずつ思い出しながら練習してみた。

そのうち、手のひらと指先がネロネロピリピリしてきて、陽の氣特有の温度を感じだした。

退陰符で腰まで氣を降ろして、意識をフラットにしてから、今度は陰の呼吸法の練習をした。

それからチャンダリートゥモの状態になるように呼吸と動作を替えて、ハイッ‼︎ってやって、ドーンッ‼︎って上げて、ジャーン!って感じにトゥモると身体の芯はポカポカ熱くなる。

インドカレー食べた後みたいにポカポカ熱くなるのだ。いつも思うけどマスターヨーガって凄いなぁ。

1段目の6番チャクラの頃に、この大技を教わってから定期的に練習してきたけれど、4段目の今の体感とゆーのは、あの頃と違う部分もあるな。ポカポカ熱くなるのは同じだし、形成されてる間のやり取りも同じだ。

以前よりは眠気とゆーか、ボーッとしてる感じは減って、氣の粘度のせいか重たいような、まったりしてるようなものが、頭を取り巻いて上へ持ち上げる。

 

この時点での形成と体感は、だいたいこの程度で、しばらくすると終わるんだけど、チャンダリートゥモの凄いところはこの先、数日間に渡って求めるもののヒントや答えの期間が持続するところだ。

その際、見逃さないように観察していると、なるほどこれかー!って感じで色々と面白いんだよな。

コレは収集するセンスも試される。お前はどれだけ拾えるか?と、お前はどれだけ望む(叶えたい)のか?をセットで問われてるように感じる。

自分はこんな感じで始めました。

今年もよろしくお願いいたします。

 

横浜トライアル会のお知らせはこちらからどうぞ↓

1月度横浜トライアル会のお知らせ - ベジるビバる