読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

微細身同士

残業を終えて、帰宅後にギリギリなんとか遠隔レッスンを受けた。

まー、自分の価値観としては、頭の回らない、万全な状態でないのにレッスンするのはもったいない感じある。

 

今日から5番チャクラに入った。

眠いし、思考の半分は仕事モードのままだから6番にチラチラ余計な氣が残ってる。不覚だ。

でも、ずっと何ヶ月も練習してきただけあって、身体は勝手に陰の呼吸法の型をしてくれる。仕事で目も肩も腰も、だいぶ凝ってきているから、木村先生に疲労がトレースされてしまっていたら申し訳ないなぁ。とか、明日の仕事のことだとか色々と考えてしまう。

 

レッスンをしているうちに、そーゆー思いや身体の不調やらは次第に薄まって、どんどん自分の呼吸法に意識が集中していく。

両腕も足元も、胴体内も頭部の氣の内圧も、体表を包む氣の流れも全て体感があって、普段の自分とゆーよりも、1個体の氣のかたまりとゆーか集まりのような感覚になってくる。

あ、コレは微細身瞑想の時と同じ感覚だ。と分かってくる。

 

微細身の体感が、きちんと意識されてる状態同士で、一緒にトンレンをしたら、どんな感じがするのかなぁ。とか思う。

他の生徒さんといつか試してみたい。