読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

遠慮なくひとりで始める

乃木坂または六本木近くの国立新美術館で開催中の「ダリ展」にAさんと行ってきた。

 f:id:yuugataJoxaren:20161121221820j:image

↑1番観たかった「ラファエロの聖母の最高速度」のクリアファイルを買った。超かっこよかった。

Aさんは、ダリの画集を何冊もお持ちでお好きな画家らしく、どんなところが好きなんですか?と質問すると「自分の奥さん、好きな食べ物とかをまとめて絵に描いちゃう人だから」って感じで答えくれた。

 

内容はダリの初期から時代ごとに展示されていたから、少しずつ絵の雰囲気は変化していく。

だいたい、シュールレアリスト達と離れた頃から、遠慮なく自分が好きな様に描いてる感じがした。ひとりで追求し始めてる感じが好ましい。

 Aさんと一緒に観ながら、ダリの描く女性の脚の肉付きが、たっぷり→ややスリム化してきたとゆー変化について感想を述べたり、女性とチェロが重なる印象になってきた変化について突っ込み入れつつ鑑賞した。

個人的には、1945年作の「ウラニウムと原子による憂鬱な牧歌」の絵を見たときに氣の体感が変化したから、他の作品よりも印象か強かった。

 

その後に昼ごはんでも食べましょう。と出口に向かいかけたら日展をやっているのに気付いた。

Aさんは「ああ〜、複数の人たちの、想い入れたっぷりの氣を発してるのばかりだから、多彩すぎて疲れるんですけど、サーッと観るだけならみましょうか?サーッと。」とおっしゃる。

自分は日本画の作風や絵具の使い方に興味があったので、日本画部門だけみることにした。

サーッとみていたら、1つだけ氣の感じが面白いのがあったな。

 

サーッと見終わってからは、美術館近くの「VEGANIC TO GO」さんに移動して、昼ごはんを食べた。こちらは植物性の食事やお菓子が楽しめるお店です。

f:id:yuugataJoxaren:20161121224024j:image

大豆たんぱくの唐揚げ丼。ご飯は玄米です。

右奥はオーガニックジンジャービール。ジュースです。

f:id:yuugataJoxaren:20161121224645j:image

コレは豆腐のチーズケーキ。ベジカフェの豆腐のチーズケーキは、自分がおやつを作る時の参考にさせて貰ってる。

 

Aさんの日常は、ちょっと個性的とゆーか、普通ならあまり出くわさない出来事が結構ある。

引きが強いとゆーか、そーゆー面白い事が自然とAさんに寄ってくるのだ。

だから、話を聞いていて凄く面白い。

そして、Aさんのほうでも、自分に話したい事があり過ぎて、ネタを厳選して話さないと時間が足りないらしい。

時々、こーやってお会いすると、必ずAさんは厳選したネタを披露して下さり、自分は顔の筋肉がつりそうになるほどに笑うのだ。

場所をミッドタウンに変えてからも、広場のイスに座って話して、外が暗くなってきて、晩御飯を食べている間も話題は尽きない。

 

話の流れで出た話題の1つで、「過去や現在や先の自分の意識とゆーものは、経験を通して気付きや理解が進むと、過去や先も含めた意識全体が変化するっぽい。コレ、凄く面白い。」ってことについて、自分なりの考察と体感と疑問とをAさんに話した。

Aさんは氣塾の生徒さんではないけれど、知識や経験を積んでおられるし、センスもいいので自分のつたない表現でも共感を示してくださる。

色んな視点からの考えや情報から、更に自分の考察が進められる大切なひとときだった。

ありがとうございました。