ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

出張トンレン部っぽい

パシフィコ横浜で開催する「ダライ・ラマ法王横浜講演」に行ってきた。

 

以前、両国国技館で講演があってその時は1人で行ったけど、今回は東京氣塾の生徒さんがたも一緒だったから、別角度からの視点や気づきがありとても勉強になった。

古式マスターヨーガを教える氣塾では、実践的なトンレン行法を「技術」として習う。

呼吸法で発電した氣などの受け渡しにより「その人の状態、感情の波立ち、反応するチャクラの位置、場の気配」など情報を読み取れる。

会場でも、色んな人たちをトンレンして観察することが出来た。

同行したMさん、ナカジさん、忠臣さんもトンレンであーだこーだと読み取りをなさっておられた。なんだか「出張トンレン部」みたいだな。

 

講演会が終了してから皆さんと食事をしながらトンレンの照合をしたり、それぞれの考えなどを聴かせていただいた。

f:id:yuugataJoxaren:20161117215754j:image

ハードロックカフェ横浜で注文した「VEGGIE LEGGIE」とゆーベジタブルバーガー。

ポテトと甘めのコールスローが付きます。

野菜と豆と米で出来たスパイシーなパテ、グリルしたズッキーニ、シイタケ、パプリカ、玉ねぎ、生のレタス、トマトが挟んである。(バンズは乳製品を使っているのでビーガンではありません)

縦にも横にもボリュームがあるので、ナイフで半分に切って食べようと持っても大きかった。

 

そーゆー場所だから当たり前なんだけど、ギターやベースやアーティストのサインや品物が飾ってある。

モニターで流れるPVは自分の好きな方向性の音楽だし、まだ夕方も早い時間帯だから混雑してないし、ゆっくりできた。面白い場所だな、と思った。

 

自分が呼吸法を練習してきて、その技術を使って、人と会うなかで分かったこと、学んだことは沢山ある。

特に「トンレン」とゆー技術は、「こういうものなんですよ」とゆー、言葉だけの教えや理解ではなく、実践的、体感としての理解を得れる。

自分の得た理解と、さらなる疑問と模索、観察とが、より深い理解や次への原動力になってる。

何ヶ月も前から、この日を楽しみに過ごしていた。今日はその日を迎えて終えた。

自分の心の広場にまた1つ、理解と原動力が積み重なった。