ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

竹刀のケースはかっこいい

今朝も通勤電車の中で呼吸法の練習をした。内丹法②→陰の呼吸法②③④→退陰符を終えた頃に、60代後半か70代前半くらいの男性が乗車なさった。

目の前の座席に座って、すぐ横に大きな袋状のバッグを置かれた。

あ!剣道だ!と思ったけど、片手にお持ちの細長くて使い込んだ感じのケースが、座ってる床から男性の頭頂部くらい長い。

こ、こんなに竹刀って長かったっけ?剣道ではなくて他のスポーツかなぁ?と思った。男性は目をつむっていた。

 

何駅か後から、同じような大きなバッグと細長いケースを持った60代くらいの男性が3人乗車して、先に座っておられた方に挨拶をしていた。

バッグに剣道のイラストが入ったキーホルダーが付いてるのを見付けたから、やっぱりこれから剣道をなさる方々なんだなぁ。と分かった。

途端に、周りの場の気配がザワザワ活性化して賑やかになった。

見ためは、座っておられる男性も含めて計4人の男性達は、 誰とも喋らないでジッとしてるんだけど、この方達からは活力が湧いていて、楽しみだなぁ。って氣を発しているので、自分の中に入ってくるから分かる。

こーゆーの、いいなぁ。(それにしても、男性って皆んなでいても、ほぼ喋らんのな)

 

自分は目の前の座席に座っておられる年配の男性をトンレンした。

スーッ…ってフラットな意識レベルで、何処にもザワザワ、ソワソワした揺れがなかった。単に眠かっただけなら、こんな感じの体感は入ってこない。かっこいいなぁ。

しばらくすると、下車駅に到着したようで、4人の男性は降りていった。さっきまでのような、活性化した気配はなくなった。

朝からいいものをトンレンさせてもらった。