読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

力みも筋肉痛も、それでよし‼︎

仕事から帰って、晩ご飯を食べ終えて、9時からの遠隔レッスンを待ってる間に呼吸法の練習をした。

今回から4段目の4番チャクラの呼吸法を教わった。

毎度のことながら「難しいなぁ〜!」と思う。今まで教わってきた呼吸法よりも、工程も増えて複雑だし、加工し終えた氣を何にどう使っていくか?を模索するような段階に入ってきたから、木村先生からの説明を聞いてもノートに書くのが間に合わない。結局、レッスン後に思い出しながら図解とメモをバンバン書いた。

 

説明と、簡単に動作の確認をして、自分でもやってみる。たったそれだけで、次々と質問したい事がでてくる。

質問の答えを教わって、また動作をやってみて、理解しかけた答えとその先のことを知りたくなる。

 

例えば、今日教わってるのは陰の呼吸法だから、古式マスターヨーガの技だけど、内丹法の陽の氣も必要になってる。

じゃあ、ヨーガの先達のかたがたは内丹法を知らなかったんだから、どうやってこの段階に入ってたんだろうか?とかを質問する。

古式マスターヨーガにも、火の呼吸法はあるから、もとはそれらを踏まえた上で行っていた。でも内丹法の陽の氣を使うことで、習得する期間が短縮されるのだ。こーゆーことを質問しながら教わってるから、成る程なぁ。と面白く感じる。

 

4番の呼吸法はちょっと試してみただけなのに、この内圧は後頭部にまで即座に達する。速いなぁ。

自分のあらゆる関節の曲げる所に力みが入っちゃうし、アレ?なんか肩甲骨周りの筋肉がギューッってなってダルい?痛い⁉︎

skype越しの木村先生からは「呼吸筋などを使うので、筋肉痛が起きる場合がありますが、そのうち慣れていくから大丈夫です。筋肉痛だろうとそれでよし‼︎」ってサラッと答えが返ってきた。

おお〜、「それでよし‼︎」なのか。

まあ、力みはそのうち抜けるかなぁ。

背中の筋肉ないから、適度に鍛えられるといいなぁ。

 

今までの練習パターンと同じようにはいかなそうだから、どうやって練習してこうかな。とか、これから自分に起きる体感や影響を、観察してくの楽しみだなぁ。