ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

もっと増えてる

昨日の夕方に呼吸法の練習をした。

4段目の陰の呼吸法を教わってからは、最初にその呼吸法をやって、まだ教わってない部分は内丹法に切り替えて練習していた。

今は先に内丹法で、陽の氣を作ってから退陰符で一旦降ろして、その後に陰の呼吸法を練習している。

身体の動きに慣れてからは、こっちの練習のしかたのほうが、形成されてる体感が増えた。

 

そして暑い。

薄暗くなって、気温も下がってきた時間帯なのに、ベランダの窓を開けて椅子を置いて座って、スーハー息をして練習してるだけなのに、汗かいた。

30分くらいそうやって練習してから退陰符で意識を降ろして、内観瞑想した。

頭の中で考えてる時とゆーのは、声には出さないけど「言葉」が浮かんでる。

言葉って、「それ」を表すためのツールだから、便利だよな。

 

でもさあ、例えば「ありがとう」ってのを、言葉で浮かべないで感覚だけで発したらどんな感じかなぁ?と改めて思ったんだ。

そして、ちょっと試してみたんだけど、やっぱり頭の中で「ありがとう」って音が湧いちゃうんだ。

 

難しいなぁ〜!と思って、もう少し意識レベルを下げて集中して、ゆっくり試してみたら、4番に氣の内圧が強まってエンジンかかったみたいに回転し始めた。おお〜⁉︎

結構息苦しくて、ゲラゲラ笑うのを堪えるような感覚にも似てる。

好きだ!とか嬉しいなぁ〜‼︎って時の感覚にも似てる。

 

言葉で発するのと、感覚で発するのとでは、同じようでいて実はちょっと違うなぁ。と思った。

感覚のほうは、「それ」だってのはわかるんだけど、混ざってる。

言葉のほうは、「ありがとう」だってのはわかるんだけど、部分的なんだ。

言葉と感覚をどちらも一緒に発すると、単に1たす1で2になるんじゃなくて、もっと増えてる感じがする。

相乗効果ってゆーか。

 

これら一連の流れが面白くて、今朝も昼間も仕事から帰ってからも、試してたんだ。

なにやってんだか。