読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

ドタバタに価値あり

自分の住む建物の設備の点検があったので、今日はずっと部屋にいた。

昼過ぎまで雨が降ったり止んだりして、少し蒸し暑かったから、パンの発酵には適している。

 こんな日は菓子パンでも作ろうかね。とゆーことでチョココロネを作ってみた。

 

国産強力粉の「春よ恋」に、白神こだま酵母と水、メープルシロップと水と塩を混ぜたものを加えて軽く混ぜてからオリーブオイルを入れる。

4分くらい捏ねてから一次発酵するあいだにコピー用紙を切って円錐状にしてオーブンペーパーを重ね巻きしたものを作ってコルネ型を準備した。

f:id:yuugataJoxaren:20160830173725j:image

↑冷たいチョコクリームとフカフカのコロネパンがよく合う。

 

初めて作ってみた感想は、今度からは「絶対にコルネ型は強度の高い厚紙か金属で作ろう」ってこと。

 紙で出来てる型の強度が低いと、パン生地の湿気や重みで潰れてくる。

さらに発酵や焼成段階での膨らみによって、パンの形が楕円形になって、クリームを詰める空洞が塞がってしまった。

見た目はいい感じに焼けたなぁ。と思って、荒熱のとれたパンからコルネ型を取り外してみると、紙のコルネ型は水分を吸ってシナッシナに変形しており、パンの空洞は狭かった。

うおぉー、これではクリームがたっぷり詰まらんではないかぁっ!自分はたっぷりで食いたいんだよ!(←3番気質)

 

その後、狭い空洞部分を箸でコロコロ押さえながら拡張させた。地味に敗北感が湧いてくる。(←3番気質)

 

チョコクリームは、ココナッツオイルとココアパウダーと甜菜糖、片栗粉に豆乳を入れて加熱してモッタリするまで炊いて、冷蔵庫で冷やしてからパンに充填した。

ココナッツオイルを計量するときもやらかした。冷えて固まったオイルを砕くときに誤って瓶の底を小さく割ってしまった。(←3番気質)

これも「ええ〜〜っ⁉︎」って一瞬困ったが、冷静に安全な部分だけを別の空き瓶に詰め替えて、計量済ませて、オイルとガラス片の散った床を掃除して3分で終了した。(←3番気質)

 

自分の場合、3番チャクラの強化期間中とゆーのは、感情が揺れるような出来事がよく起きる。2番やその他のチャクラ強化期間中ならば、こんなことでは揺れ無いし、起きないはずなのに、この期間中はそれが起きる。

 

それは殆どが、ちょっとした不注意だったり詰めの甘さから生じる。

でも、怒るとか悲しくなることばかりではなくて、普段ならたいして面白く無いはずなのに、ツボに入って笑ったりとか、ちょっとした心遣いに感動するとかもある。

面白いものが見つかったり、解決する為の素早さや行動力、やり通す意志をはっきりと自覚することができる。学んでることが実に具体的で解りやすいのだ。

 

つまり3番チャクを鍛えると、起きる事に対して、イライラくよくよ考える時間がどんどん短くなって、サッサと行動に移すし、自分で解決していったぶんだけ「出来た!」って自信がついてくる。

 

こーゆーのを、どれ程の人々が意識して日々を過ごしておられるか分からないけれど、生活の中での些細なドタバタは、凄く価値あると思う。