ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

利き手じゃないほうで

昨日は東京氣塾の生徒さんであり谷山教室の先生である、谷山さんとskypeトンレンをした。

それぞれお互いに時間の都合がつかずにいたから、谷山さんとskypeトンレンをするのは初めてだ。

 

お互いに呼吸法を始めて循環を作ると先日のMさんとのskypeトンレン同様に熱感が生じた。軽く汗ばむ感じ。

谷山さん、やる気あるなぁ〜!意欲的だなぁ〜。とゆー氣の質感だった。

数分続けてから「いかがですか?」と聞いてみると「暑いっすね〜!」と返事が返ってきた。はい、暑いっす。

 

Mさんもおっしゃっていたんだけど、「ゆうがたヨクサルさん、4番のところの反応が強いんですが、なんかしてますか?」「でも、この状態が嫌だとか、そーゆーのではないんですけどね。」と谷山さんもおっしゃる。

うーん。4番ねぇ。トンレンする時って、皆んなだいたいその辺が強まるよねぇ。でも、お二人が同じような感想を述べて下さっているから、自分のほうに何か原因があるのかもしれない。なんだろうなぁ。氣の出力が大きいってだけだと思うんだけどな。

 

最近の谷山さんを観察していると、トンレンの体感増えたなぁ!と嬉しくなる。

谷山さんが氣塾やトンレン部に参加しだした初期の頃は、しょっちゅう「コレがそうなのかどうかは、分かんないですけどね?」とか「(正解かどうか)あってるのかどうか、分からないですけど、僕はこんな感じがします!」とか、前置き長かったからなぁw

でも、少しずつ、氣の体感がハッキリしてきて、内丹法の2段目に入ってからはどんどん言葉で表現するようになって、最近は「コレが〇〇さん(トンレンしてる相手のかた)の氣だってのは、分かるし、自分との区別もつく。分かるのが普通になってる」とおっしゃる。凄いなぁ。なんか嬉しいなぁ。教室なさってる先生だもんねぇ。

 

skypeでのトンレンの呼吸法を替えたり、自分の意識レベルを替えたりして、変化を感じる練習をした。

谷山さんのほうから特定の状態を送って貰い感想を述べたりもした。

最後に送って貰った状態は、自分の受けた体感に違和感があった。

「人間の氣の循環とは逆方向から、ネジネジと入ってきてますけど?」って、ヘンな説明になってしまった。上から下に向かって氣が動いてくんだ。

なんとゆーかジャンプっぽい退陰符とゆーか、沸騰の逆工程とゆーか。

 

右利きの自分が、左手で文字書くような、そんな感じ。意図的に注意深くやらないと上手くいかない、そんな感じ。

負荷はあるけど、或る意味面白くもある。そんな感じ。

 

谷山さん、頑張ってるなぁ。いい勉強になった。ありがとうございました。