読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

ジャンク祭り

昨日の仕事中から、ずっと「明日はバーガー的なものを食べたい…」と考えてた。疲れが溜まってくると、ジャンクなモノを欲するんだよな。

昼ごはんにハンバーガーを食べた。飲み物は「インドの青鬼」、ビールとバーガーとポテトチップスでジャンク祭りを開催した。

f:id:yuugataJoxaren:20160723144825j:image

ゆうがたヨクサルは菜食してるので植物性の材料で作ってある。

 

ハンバーガーを食べる為に、まずはバンズを作る。15センチくらいの大きさにした。

f:id:yuugataJoxaren:20160723143842j:image

カフカの柔らかいパン生地にしたかったから、水分多めで、春よ恋ブレンドの強力粉に米粉を入れた。二次発酵終了したら艶出しに豆乳を塗る。

豆乳の容器を帯状に切って作ったセルクル型に入れてオーブンで焼く。

 

f:id:yuugataJoxaren:20160723145409j:image

この場合、セルクル型は必要なかったな。焼き色がいびつで見た目は失敗したけど、フカフカのバンズが焼けた。奥のバンズには麻の実ナッツをまぶした。

カフカバンズだから、しっかり冷ましてからカットする。(焼きたては柔らかいからカットしにくい)

 

次はパテだな。

ベジバーガーのパテ生地は、色んな作りかたがあるけど、今回はひじきのパテ↓

ベジパテを作る - ベジるビバる

をもとに余ってる食材で適当にやってみた。

f:id:yuugataJoxaren:20160723150150j:image

雑穀入り胚芽米(ボリューム担当)、青打ち豆をお湯で戻したやつ(食感担当)、ひじきのパテ(コクと旨味担当)、長芋はすりおろす(つなぎ担当)。

ここだけ見ると「今日はハンバーガーを食べる」ようには思えんな。

 

ボウルに全部入れて、味見しながら醤油と塩とナツメグと薄力粉を少しだけ加えた。2枚分あったから半分は有機ドライバジルを混ぜた。

見た目はフツーに茶色っぽいハンバーグの生地で既視感ある。

 フライパンに油を入れてバンズの直径サイズと同じくらいになるように焼く。

 

f:id:yuugataJoxaren:20160723151234j:image

レタスとトマトとピクルスとカラシ、バンズは切った断面に焼き目をつけた。

カラシは納豆についてたやつを昨日食べる時にとっておいた。(セコいですか。ええ、セコいんです。)

 

何度トライしてもピクルスの瓶の蓋が開かなくて、かれこれ3週間ぐらい放置してた。検索してみると、色んな開け方があるなかで、マイナスドライバーを瓶と蓋の間に軽く挟み込むやりかたを見付けた。

えー?こんなんで開くのかねー?と思いながらやってみたら「ペキョッ!」って蓋の凹みがフラットになって、簡単に開いた。疑ってごめんなさい(>_<)ありがとうよグーグル先生。

 

各パーツを組み立てて、マウイチップスを添えて、出来上がり。最初の画像にいたる。笑いがこみ上げるくらい旨かった。

 

これだからベジるのは面白いんだよな。