読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

いざが来た

競合他社で問題があった様で、自分達の職場に急遽、仕事の依頼があった。

こーゆーことって以前から何度かある。

 

依頼された内容自体は、普段の自分達の仕事内容と殆ど変わらない。むしろ自分達の職場のほうが経験値やクオリティは高い。

 

競合他社の仕事を、一時的にフォローすることになるから、ちょこっと複雑な感じがする。だって今の時点で皆んな毎日超忙しいから。(その競合他社は昔、個人的にも会社的にも色々とあって好かんのだ)

でも、もっと大きな括りの「業界」ってので考えると、そんな小さなことなんか言ってられない。

「何とかしなくちゃいけない!」って、皆んな真剣だ。

説明を聴いて、何に困ってて、何をすればいいのか?その為に必要な事はなにか?他の仕事の調整、時間と人数、あーだこーだと話し合った。あっとゆー間に時間が経った。

 

「好き」とか「嫌い」とか、「自」とか「他」だとか気にならない、そんなことどーでもいい状態、もっと大事なことに心が向いてる、こーゆーの、仏性とか無我夢中とか言ってもいいよな。

 

「いざ」に、スッと何かを出来るってのはいい。