ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

トンレンの練習はいろいろある

東京の茅場町で開催する「東京氣塾」に行ってきた。向かう電車の中で、陰の呼吸法→内圧コントロールの練習を繰り返しする。

 

今回は、神戸で教室をなさってる廣瀬さんや、山梨県のSさん、谷山教室の生徒さんであるWさんなども参加下さった。

最初に、木村先生から「インド哲学における微細身について」の講義があって、その後は廣瀬さんからご自身の経験をもとにした講義があった。

 

休憩を挟んでから、施術組みとその他に分かれて練習を開始。

今回のトンレンの練習は、ペアで20分くらい使用のフリースタイルにした。

各自で試したい事や呼吸法で確認したいことなどを練習しあう。時間については、各自で意識、チェックしながら行う。

 

もし、特になければ「今現在、自身で困ってる事や考えてる案件」を思い浮かべながらトンレンをしてみよう。と提案しておいた。

なぜそうしたか?とゆーと、「思い浮かべてる案件」は、「氣の情報」として受け手の読み取り練習にもなるし、そこから感じた事やアドバイスが当事者のヒントになるからだ。

 

自分と最初に練習したのは、山梨県から参加のSさん(もーね、Sさんの彼女が凄く可愛いの‼︎お似合いなのっ‼︎自分は何故かそれを眺めるのが嬉しいのっ‼︎)。

最近、新たな職業についたそうで、新鮮な日々を過ごしていらっしゃる。

新しい環境だからこそ試したり検証できる事について、呼吸法を用いるとどのようになって行くのか?を話した。

その後にお互いに呼吸法をしてトンレンした。

Sさんの4番チャクラの奥は、探究心で活性化してて、その状態はとても心地よく感じた。知りたい事や、やってみたい事の可能性が豊富なのだ。いいなぁ。すごくいい。

自分が彼のような年齢の時に、この心境にいれたら良かったなぁ〜。とちょっと羨ましくもある。

 

次に練習したのは、横浜市から参加のNさん。隣に座っているSさんが本日は29歳の誕生日だったとゆー事で、Nさんに「29歳の頃、どんな感じでしたか?」を想い出して貰って、それを読み取ることにした。(←テーマは若さでピチピチの頃について)

「毎日が新しい経験で、良い事も困った事もあるけど、それも含めて楽しい!」って感じた。おお〜、ピッチピチだ。

通常のNさんベースの気質に、当時の若いピッチピチが上乗せされるとゆーより、ピチピチそのものに遡る感覚だった。いいなぁ。ちゃんと過去の再生が出来てる。

 

交代して、自分のピチピチ時代について何を想い浮かべようか迷ったんだが、「バンドをやってた17歳の頃に作った曲」を想い出してみた。

とても短い曲なので、2回繰り返し頭の中で演奏する。

Nさんの感想は「ドヤ〜⁉︎って自信がある感じ。」らしく、成る程なぁ。と思った。

この曲とゆーのは、自分が一番好きな曲で、「自分が考えたとゆーより、上から降りてきた音をそのまま表現することが出来た」って満足感があるのだ。

だから、ドヤ〜⁉︎ってNさんが感じたのは正解。しっかり氣の読み取りが出来てる。いいですねー!

 

次は谷山教室から参加のWさんとトンレンの練習をした。

先ず、自分の氣を体験して貰って感想を述べていただく。「氣の出力が大きい」とか「熱感がある」など、他の人との氣の違いを体感なさっておられた。

今度はWさんに呼吸法をして氣を発電し、送って貰う。

しっかり発電出来てるし、何よりも、芯にある「変わりたい‼︎」ってこころざしが素晴らしい。自分の初期の頃と重なって懐かしいのと、共感するのと、尊敬するのとが同時に起きた。いい練習をさせていただいた。ありがとうございます。

 

次はナカジさんと練習した。

なーんか、自分が最近、木村先生から教わった内容について凄〜く気になってるようだ。(←実は自分もそれについて感想を述べて貰いたかったのでちょうど良かった)

 

ナカジさんとお互いに呼吸法で氣の循環を作ってから、木村先生と遠隔レッスンを受けた時の状態を再生する。

コレは「微細身瞑想の状態」である。

(自分が言ってる「再生」とは、想い出して表層に再現する氣の体感の事で、氣の情報ってこと。復習する時に凄〜く役に立つ。)

「その状態」の再生が出来てから感想を述べて貰った。さすがナカジさん!視覚イメージで捉えるの上手いなぁ。

自分にはない視点から色々と状態を教えて貰えた。

以前にもブログで書いたけど、現時点で体感してる「その状態」とは、縦の俯瞰意識が強まる。時間軸のようなものを感じるのだ。

今まで学んできた瞑想状態は、自分の周囲に近いものや遠いものを感覚で拾ってく「空間、エリアの意識」だから、時間と空間、両方を同時に扱える様になって行くとゆーのは効率がいい。

そんな感じの内容をアレコレと述べあった。

 

最後は、廣瀬さんとトンレン練習をした。お互いに呼吸法をして氣を循環する。以前トンレンをした時より、「陰陽の氣のチーズちくわ状態」が増えてる。

成る程なぁ、こーなっていくのかぁ。

各チャクラも自動運転だし、「先ずは何番チャクラを回して〜、」とか関係無くなってる。チャクラの概念からの解放ってこんな感じだよな?

いいなぁ。実に効率がいい。

廣瀬さんとの練習は、ほんの数分だったけど、濃縮した練習だった。これについても実に興味深い。

 

あっとゆー間の4時間で、最後に全員で記念撮影をして終了した。

今回も、沢山のヒントや取り組みにおける足掛かりを貰った。ホクホクである。

帰りの電車の中で、陰の呼吸法を練習しながら横浜で用事を済ませて帰宅した。

 

参加下さった皆様、ありがとうございました。