読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベジるビバる

ゆうがたヨクサルのブログ

持ってるといいもの

何度読んでも、「いいなぁ。」って感じる文章ってある。

自分にとってコレは指針であり栄養だ。

生き生きとした実体は真は主体であるところの有であって、換言すれば、自分自身を定立するという運動、または自分の他者となることと自分自身とを媒介し調停する働きであるかぎりにおいてのみ、真に現実的であるところの有である。

かかる実体は主体であるから、全く純然たる否定の働きであり、だからこそ単純なるものを分割し相対立する項として二重にする働きではあるけれども、それでいて交互に交渉なきこの差異項とその対立とを再び否定しもする。

真理とはかかる再興される同一または他在のうちから自分自身への『還帰』(反省)にほかならないのであって、根源的なる統一または無媒介の統一そのものではない。

真理とはおのれ自身となる過程であり、終わりを目的として予め定立して初めとなし、そうしてただ実現と終わりとによってのみ現実的であるところの円周である。(上一三頁、新一七頁)

金子武蔵「ヘーゲル精神現象学」より

 

トンレンを練習したり実践してると、なんか分かるようになってきた。

持ってるといい。